先日BOSSのST-2というエフェクターを買ってすぐに売却してしまったのですが、これとよく似たルックスをしたエフェクターを30年ほど前に買ったことがあります。

それがHeavy Metal HM-2というエフェクターですね。

cache_40071184.jpg
これは当時のエフェクターではハードロック系に使えるモノがほとんどなく、その中でよりヘヴィな音楽に対応できるモノとして大きな期待を受けて発売されたモノです。その名が表すように、ヘヴィーメタル向けの重くて太いサウンドを目指して作られた製品ですね。

私もハードロックを演奏していたので、当時使っていたOD-1、DS-1に少なからず不満を持っていまして、これが発売されるやすぐに買いました(笑)。

ただ・・、問題はそのサウンドでしたね。一言で言えば「全く使えない音」でした。確かによく歪んでいますし、サスティンもあります。トーン調整も多彩でヘヴィなサウンドがでます。しかし、とにかく「前に出ない音」「通らない音」だったんですよね。ディストーションペダルは歪みつまみを上げすぎると音の通りや太さが失われますが、まさにそのひどい状態。まあ、いまに続くBOSS特有の薄っぺらい歪みサウンドです。

そしてそれ以上に私が「使えない」と思ったのは、どんな歪みの設定にしてもアタック音がつぶれてしまうことですね。私にとってディストーションサウンドで最も重視していることは、アタック音のニュアンスです。それなのにこのHM-2を使うとアタックがつぶれてなくなってしまうわけですから、もうバッキングにもソロにも全く使いようがありません。

正直言って私の歴代使用エフェクターの中で最悪だったのがこのHM-2でしたね(笑)。そしてそれに続いて使えなかったのが先日のST-2、奇しくもどちらもBOSSのハードロック系歪みエフェクターです。正直ST-2を買うときにも、そのルックスがHM-2に似ているのでイヤな感じがしたんですよね。まあ、とにかくもうBOSSのハード歪み系ペダルには愛想が尽きました(笑)。

でもその一方でいまの歪み系のメインに据えているAMTのP2はHM-2に負けないほどよく歪むエフェクターなのに、音は太いし、アタックはしっかり出るし、音圧はすごいし、と、全く正反対のペダルです。最新に近いST-2を使っても相変わらずBOSSの歪みサウンドの薄っぺらさにガッカリしたわけですが、確かに値段が違うんだから比べるのは酷かも知れませんが、だったら値段上げてもいいのでもっと使える歪み系ペダルをBOSSに作って欲しいですね。

ほんとBOSSの歪みはひどすぎます。BD-2はなんとなくよさそうな印象があるんですが、実際に大きな音で鳴らしたことはまだありません。ただ私が持っているBOSSのマルチにBDのサウンドが入っているので、それを使ったときの印象はとてもよかったです。でもいまはAMTもあるし、JOYOもあるので困ることはありません。

ああ、歪み系と言えば、もう一度だけボイリングポイントをしっかりとテストしてみたいと思っているところではあります。この間テストしたときにはボイリングポイントの「良すぎる音」がいまいちな気がしたのですが、次回弾いてみるとその「良すぎる音」が「やっぱりいい音」に聞こえるかも知れませんからね(笑)。いわゆるデジタルの音ははっきりくっきりエッジも効いて「いい音」なんだけど、なんか面白みや暖かみに欠ける、と思う人がいることに似ています。もちろんボイリングポイントはデジタルエフェクターではありませんが。

あ、話が違う方向に行ってしまいましたが、かつて使ったことがあるBOSSのHM-2というエフェクターについて書いてみました~。

関連記事
ギターエフェクター