タム回し練習

2009/11/20 Fri 19:20

 先日もこのブログに書きましたように、今更というか、本当に何と言うか、タム回しの練習を初めてやっています。もちろん凄い初心者の頃にやったとは思うのですが、きちんと行った記憶がありません。そのせいだと思いますが、フロアからタムに上がっていくようなタム回しや、ジャズ系のドラマーがよくやるスネアとフロアを素速く往復させるようなフレーズが叩けなかったんですね。

 で、練習していて当然疑問がでてくるわけです。例えばフロアとスネアを往復させるフレーズで右手から始めてスネア→フロアと4つずつ打ちながら動かすとすればスネアもフロアも右手から始まるからこれは楽です。しかしフロアからスネアに戻るときが問題なんですね。フロアの最後の4つ目は左手で叩くわけですが、次に右手でスネアの1つ目を打たないといけない。そんなの無理じゃないかと。スティックや手が当たっちゃうじゃないかと。

 上手な方から見れば「何言ってんの、それくらいのことで」って思うでしょうが、コツを知らない人間から見ればこれは神業に思えるわけです(笑)。ま、ちょっとインターネットで調べてみるとコツは書いてありました。要するに理屈としては普通にスネアだけを叩いているような手首のポジションで腕全体を動かせば、スティックは普段通りに上下しているだけですからお互いに当たることはないんですね。

 理屈はなるほど、よくわかりました。実際にやってみてもなるほどコツはよくわかりました。確かにこうやればよほど離れたところを叩くのでなければスティックや手が当たることはないわけですね。ふむふむ。あとはひたすら慣れてスムーズにできるようになるだけですね。

 本当に今更ながらの基礎練習です。でもこれをマスターすればドラムのプレイレベルはグッと上がるような気がしますね。マーチでスネアを叩くのならいざ知らず、ドラムセットを叩くのであれば腕の移動が必ず伴いますもんね。そりゃあその練習をしなきゃドラムセットが上手に叩けないのは当たり前ですわね。

 頑張って練習します。ライブがどんどん詰まっているんです、恥ずかしいステージはもうできません(笑)。
関連記事
ドラム練習