さて、先日来より自分のギターサウンドをセッティングしていっているわけですが、今日はスタジオでギターサウンドのチェックをしてきました。プログラマブルスイッチャーも入手し、曲がりなりにもパッチケーブルをひっかき集めて用意できたので、なんとかエフェクターボードの姿も見えてきました。

とはいえ現状ではまだこんな状態ですね(笑)
P_20160918_012640.jpg

まだまだ雑然としていますが、これでエフェクターボードに組み込むすべてのエフェクター類がそろいましたので、あとはパッチケーブルを専用にあつらえてコンパクトなサイズにまとめ、適当なボードを用意してセットするだけです。

ところでこのシステムで最も懸念されていたのは「PODでアンプからいい音が出せるのか?」という点でしたけれども、これは全くの杞憂でしたね。スタジオではJCのリターンにこのエフェクターシステムをつないで音を鳴らしましたけれど、なんのデジタル臭さも感じず、迫力あるロックサウンドが鳴りましたね。完璧です。

ネットなどで見ていますと「PODではスタジオのアンプからいい音は出せない」と書いておられる方も少なくありませんが、いえいえ、全然。家で聴いているのと全く同じPODの良いサウンドそのままがアンプから鳴りますよ。アンプから聞こえてくる音は、とてもJCから鳴っているとは思えないほど迫力があって太い音がします(笑)。PODのいい音がアンプから出せない、とおっしゃる方は、たぶんPODやアンプの設定がうまくできていないだけではないかと思います。

そうやって考えてみますと、PODはデジタルのプリアンプとしてもとても優秀です。ただ一つの難点は「大きなこと」(笑)。なので、いま私はPODの代役を任せられるような素晴らしいサウンドのするフロア型小型プリアンプを一生懸命探しています。海外の製品に魅力的なものが多いのですが、まだ実際に試したことがないのでユーチューブなどでのサンプルサウンドしか参考になりません。

このあたりの歪み系はとりあえずPODがあるので時間をかけながら探すとして、そのほかのエフェクターはどれもおまけみたいなものですね(笑)。ソロの時にトーンを整えるオーバードライブと、ソロやアルペジオで彩りを添えるフェイザー、そしてバッキングとソロの音量調節用のイコライザーだけですね、このシステムにあるのは。ほかのエフェクターはそれほどの必要性を感じていないので今回はパスです。

ところで今日は一緒にスタジオに行った人がいろんなエフェクターやプリアンプを持ってきていたのでテストさせてもらいましたが、いやはや、最近のエフェクターというのは凄いものです。特に海外製の高級オーバードライブ類のサウンドの質の高さは私が若かったころにはありえないですね。もちろんアンプシミュレーターもすごいのですが、そのあたりも含めて最近の歪み系の素晴らしさには驚くばかりです。

さあ、あとはボードをしっかりと組み込んで、エフェクトをコントロールする練習を行うことですね(笑)。いや、でも実際問題としてライブのことを考えると、エフェクターの切り換えに慣れて、そしてトラブルを起こさないようにプレーするようになれることはとても大切なことです。

少しずつ練習やライブに向けての準備が整ってきました。

関連記事
ギターエフェクター