ギターの音決めをここのところ毎日行っているのですが、「これで行こう!」という感じが固まってきました。一番テストしていた部分はやはり歪みのサウンドだったのですが、POD XTの「Solo 100」というアンプモデルが一番しっくりくるのでこれで行くことにしました!

Solo 100というサウンドはソルダーノのSOL-100というアンプをモデリングしたものだそうです。

ここのところ毎日仕事が終わりますとギターの練習を兼ねた音作りを行っていました。で、その際ディストーションサウンドを作る道具としてPODのほかにBOSSのST-2も使ってテストを繰り返してきました。

PODに関していえば、今までマーシャルをモデリングしたものばかり使ってきたにもかかわらず、アンプにつなぐとマーシャル系のサウンドはどうも今一つなんです。音に伸びやかさがなかったり、ザラザラした艶のないトーンだったりして、自分がギターを弾いていてもイマイチ気持ちよくありません。

そしてBOSSのST-2に関していえば、確かにマーシャルをうまくコンパクトエフェクターの中に閉じ込めたようにも思うのですが、バッキングを弾いているときも、ソロを弾いているときもサウンドがイマイチ。いえ、イマニくらい私がほしい音と違います(笑)。

何が違うのかと言えば、バッキングをしているときはもっと太いボトムがほしいんですが、それがどうしても出せません。そしてソロを弾いているときは、もうこれは昔からのBOSSの歪み系ペダルに共通した感じなのですが、とにかく音が薄っぺらいんです。「無理やり歪ませた音にしてみました」って感じがありありで、確かにサスティーンもあるし、ピッキングのアタックもしっかり出るんですが、音に太さというか、パワーというか、コシというか、そういったものが全くないんです。

それを補おうとしてオーバードライブをブースター代わりに使ってみるんですが、もともとのST-2のサウンドが薄っぺらいのですから、そこにさらにローを薄くしてミッドが強くなるオーバードライブを加えてみても、サウンドはさらに薄っぺらさを増すばかりです。これはさすがに使えません。残念ですが、ST-2を使うアイデアは自宅でテストしている段階で完全にボツになりました(笑)。

ネットではST-2を「最高のペダル」と評価する方もおられますが、私の好みではなかったですねぇ。もっと違うアンプで使えばいい音がするの「かも」しれませんけれども、家においてあるAMPLIFi75でいい音が出ないようでは、スタジオやライブハウスにおいてある未知のアンプとの相性を期待するなんてあまりにギャンブルすぎますね。

と、いう経緯を経て、歪みはPOD XTのSOLO100に決まりました。このトーンはハイゲインアンプらしく(私は本物を弾いたことがありませんが)、5150のサウンドにもよく似たものを感じます。太くて芯のあるあるサウンドで、ギターの音がとても前に出ます。これにオーバードライブとフェイザーを加えると、もう気持ちいいのなんのって(笑)。ソロを弾いていて幸せな気分になれるトーンです。

あ、一般的には空間系のエフェクターは歪みの後ろにするんでしょ?と思っておられる方が多いと思いますけど、ロック系の音楽をやるときは私は空間系は全部歪み系の前につなぎます。「なんで?それじゃ音が濁っちゃうじゃない」と思う方もおられると思いますけど、60年代後半から80年代くらいまでのジミヘン、エディなどのトーンを真似しようと思うのなら、空間系は歪みの前にしないと意味ないです。

歪み系の前に空間系を持ってくるとサウンドが猛烈にワイルドになりますし、そもそも昔のアンプにはセンドリターンなんて器用なものはなかったでしょうから、マーシャルをバリバリに歪ませて弾いていた昔のロックギタリストたちは、結果的に空間系でも何で歪み系の前に来ざるを得なかったのです(笑)。でもそれがあのワイルドなトーンになっているわけですから、結果オーライでカッコいいと思いますね。

ですから私もロックをやるときのセッティングはフェイザー→オーバードライブ→PODの順番で、まさに昔のギタリストたちがマーシャルにエフェクターを突っ込んで鳴らしていたのと同じやり方です。まだこういうつなぎ方をトライしたことがない方は、ぜひ一度やってみてください。フェイザーでもコーラスでも、フランジャーでも、すごくワイルドな音がしますよ。そしてディレイをつなぐと、これがまた面白い音になって独特な効果があるんです。ヴァンヘイレンの初期の頃のアルバムのサウンドを再現しようとしたら、ディレイは絶対に歪み系の前、そしてフィードバックは必ず1回です(笑)。

話を戻しますと、足下のサウンドのセッティングはこれで行こうと思っていますが、あとはどうやってエフェクトボードを組むか、ですね。PODをボードに入れてしまうのか、別にするか。使うエフェクト類は実は少ないんです。①チューナー②フェイザー③オーバードライヴ④POD⑤プリセットボリューム⑥スイッチャー⑦電源関係、だけなんですよね。

これらをどうやってボードにするか?重くしたくないので、軽く仕上げる方法はあるか?・・ まあ、重くなったらキャスターで運びますけど(笑)。

やることはまだまだあります。ボード製作の道のりは長い・・。

関連記事
エレキギター