Amplifi75その後・・

2016/08/24 Wed 01:57

ずいぶん前にLine6のAmplifi75のモニターになってから時間が経つのですが、なかなかその後の情報をアップすることができなくて申し訳ありませんでした。

Amplifi75のサウンドチェック自体は手元に届いてから毎日行っていて、だいぶ好みの音を設定して本体に覚え込ませました。ただ一つ問題が・・。
せっかくのアンプのレポートなんですから、やっぱりアンプの音を動画とともにアップしたいと思っておりまして、その作業をここのところずっとやっているのですが、どうしてもうまくいかないのです。アンプが置いてある部屋には三脚に据え付けられたビデオカメラ、そしてセットアップされたすべてのギター、ブルートゥースでAmplifi75に接続されたタブレット、マルチトラックレコーダーのソフト、ギターマイナスワンのオケ・・、と準備は完璧に整っているのです。

ところが肝心のギターの「音」が録音できません。当初ネットやマニュアルで調べた情報しか知らなかった私は、Amplifi75をpod6のようにラインアウトやオーディオインターフェイスとしてつないで音を取り出すことはできないと思い込んでいたものですから、マイクをスピーカーの前に立てて録音しようとしたのです。

ところが私の持っているマイクはしょぼいものしかないのでなんか変なフェイスアウトサウンドになってしまって、どうやってもうまく録音できません。で、発売元のご担当者に「どうやればうまく録音できるのでしょうか?」と質問してみましたところ、「USBから音は取り出せます」とのお答えをいただき、「!!」状態。早速USBケーブルを買ってきましてPCと接続したのですが、残念ながらダメ。デバイスマネージャーを見ますと黄色い三角形にびっくりマークが入っています・・。

うーん・・、と思いながらネットで検索をしていますと、ようやくありました!簡単なことですよ、PCに接続してAmplifiからの音を取り出そうとするとAmplifi75のドライバーがいるわけですよ!「そりゃ、そうだ」と思いながらも、パソコンに接続する機器っていろんなのがあるわけで、中にはドライバーなんてわざわざインストールしなくても動く機器もあるわけで、申し訳ないんですけど、USB接続可能であることやドライバーの場所まですべて自力で答えを探さなければならいというのはさすがに不親切です・・(笑)。

まずもって、ネットの情報では「AmplifiはUSB接続できない」というものがほとんど。実は現物に同封されていたマニュアル、さらにはネット上の最新のマニュアルにもそう書いてあります。そしてAmplifiのサイトに行っても、ビデオ付きで説明があるのですが、その説明が全部英語・・(笑)。これは日本人にはキツいでしょう。しかもUSB端子については"For future use"、つまり「将来使えるようになった時のために取り付けてあるだけ」という表現です。ヲイヲイ・・。

いや、もちろんこれは当方の知識不足、情報不足のせいなのですが、いい歳をしたおじさんがここまでたどり着くのはなかなか大変でした・・(笑)。何しろここまでギターアンプがパソコンやネット、タブレット・スマホ類と連携し、そして連携してこそその実力のすべてを発揮するなんて、全く時代についていけてませんでしたからね。これでようやくおじさんも世の中のギターアンプの最先端の動きについてこれました・・(笑)。

・・ということで、今日は動画または音源をアップしてAmplifi75の実力の片りんをお伝えしようと思っていたのですが、残念ながら次回に持ち越しといたします。すべての準備がようやく整いましたので、次回以降は動画を含めて音源をビシビシアップしていくつもりです!

どうかお楽しみに!



関連記事
エレキギター