またまた間があいてしまいました。

少し前に久しぶりにギターを弾こうと思って愛用のLINE6 POD XTを使おうとしますと、あれ、電源が入りません。以前からアダプターの接触が少し悪い感じはしていたんですが、今回は完全にうんともすんとも動かなくなってしまいました。で、途方に暮れた私は「新しいPODでも買うかぁ」と思ってLINE6のホームページをおもむろに見ていたんです。

すると、なんとそこに!!
「AMPLIFI 75のモニター募集!」という告知を発見したのです!まあ当選するかどうかは可能性が低いですが、それでもPODがアンプになったAMPLIFIをモニターできるのであれば、PODが壊れている今となっては絶好のタイミング!と思ってモニターに応募したんです。

すると、なんと!モニターに当選してしまいました!(笑)。 正直、こんなうれしいことは最近なかったですねぇ。届いたのはこんな感じのアンプです。

amplifi75-1

amplifi75-2

amplifi75-3

なんか、カッコいいですねぇ。デザインもとてもコンパクトでオシャレです。このアンプはLINE6が作っている製品だけあって、いわゆるアンプシミュレーター、すなわち世に出回っているいろんなアンプのサウンドを一台のアンプで再現させるためのギターアンプです。こういうアンプシミュレーターには賛否がありますが、個人的には自分自身が「あ!いい音!」と思えるサウンドでギターが弾ければ、そのアンプがフルチューブだろうが、シミュレーターだろうが全く気にしないので、一台でいろんなアンプのサウンドを出すことができるAMPLIFIのようなアンプはとても好きですね。

実際にギターをつないで鳴らしてみますと、いやいや、いい音がしますよ。まだ家の中でしか鳴らしていないのでバカでかい音でのチェックはしていませんが、日本の住宅事情から考えれば、やっぱりこういう小さな音でもいろんなサウンドを自在に出せるアンプっていうのはいいんじゃないでしょうかねぇ。

このアンプにはAからDまでの4種類のプリセットのサウンドが用意されていて、それぞれマーシャル風サウンド、モダンなハイゲインアンプサウンド、そしてクリアなサウンドが二つ、という感じになっています。そしてそれぞれのサウンドをアンプ上部のつまみで普通のアンプのように調節できるのですが、実はこうやって調節するだけではこのアンプの能力の1/10のも発揮できません。

このアンプはスマホやタブレットですべてがコントロールできるようになっていて、アンプタイプやエフェクターの選択からそのかかり具合や順番まで自在に変えられるのです。こうすることでほぼPODと同じことを行うことができるので、自分が鳴らしたいサウンドが自由に作れるのです!

詳しいサウンドづくりや、実際のギターサウンドについてはまた次回以降アップしたいと思います。ただ残念なのは、このアンプにはPODのようなラインアウト出力がないので、サウンドはマイクで拾わなければならないことなんです。なのできちんとサウンドをアップできるかどうかはやってみなければわかりませんが、とりあえずトライしてみます!

関連記事
エレキギター