最近ユーチューブなどを見ていたりしていましたら、自分が若かったころに流行った歌を久しぶりに見まして、「おっ!これブログに紹介していったええやんか!」と思い立ち、気が向くままに好きな曲をアップしていくことにしました(笑)。

第一弾は、なんとDead or Aliveの"Turn Around and Count 2 Ten"!

Turn Around and Count 2 Ten



このブログではロックだのジャズだのとしばしば書いていますけれども、私は基本的にゴリゴリでコアなマニアではなく、実はとってもはやり歌が好きな人間なんですねぇ(笑)。私にとって音楽とは、その字のとおり「音を楽しむ」もので、基本的には楽しい音楽が大好きです。聞いて見てワクワクする曲やアーチストが大好きなんですよねぇ。

で、今回のデッドオアアライブ、日本でも30年ほど前に大人気でした。いまでも彼らの曲を聴くとワクワクして体が動き出すという同世代の方も多いのではないでしょうか?バブル時代のディスコ文化を代表するアーチストの一つといってもよいかもしれませんね。

その中で楽曲的に一番好きなのがこの曲。いきなりサビからスタートするという展開。このポップなフレーズ、大好きです。今でも聞いていてワクワクします。そしてビデオを見るとピートと一緒に踊りたくなります(笑)。

デッドオアアライブといえば、ユーロビートの代表選手のようなものですよね。今でもパラパラからボカロあたりに続く音楽のベースを作った人たちといっても過言ではないかもしれませんね。

このビデオはちょっと画面の動きが激しすぎて目がクラクラしますが(笑)、このはじけたピートのダンス、いいですねぇ。基本的にオカマは嫌いなんですが、ピートの弾け具合は昔からなぜか好きなんですよねぇ。見ててノれますもんねぇ。

ああ・・懐かしい、楽しい。やっぱりいいですね、この曲。

好きな曲