一生懸命フルアコ練習中

2015/01/08 Thu 02:28

最近は毎日必ずギターを弾くことにしていますが、弾いているのは先日買ったフルアコ、これ一本です(笑)。

弦もちゃんと.12から始まるフラットワウンドを買い、しっかりとジャズギター仕様にして弾いています。こんな太い弦のギターを弾くのなんて、それこそフォークギターを初めて弾いた小学校以来じゃないか、という気もしていますが、これだけ太い弦をしっかりとビビらせないで弾こうとすると左指も改めて鍛えられますので、なかなか良いです。

この弦で練習すれば、普通の.09のストラトなど、屁とも思いませんので(笑)、そういう訓練の意味でもフルアコばかり弾いいています。
でも、ずっとこのギターを弾いていますと、慣れてくるせいもあってか、色んな発見があります。

まずネック。私は子供の頃からストラトしか弾いたことがなかったわけですが、このフルアコを弾き込んでいきますと、このイバニーズのネック、と言いますが、ギブソン系のショートスケールのネックがどれほど弾きやすいか、ということを実感しましたね。

ええ、このギター、私には当たりでした。ネックが最高に弾きやすいですね。厚みといい、シェイプといい、そして幅も私にピッタリです。そうやって考えてみますと、自分自身で「なんであんなに弾きにくいネックのついたストラトを無理して30年以上も弾いてたんだろ?」って自分自身で呆れちゃうくらいです(笑)。それくらい弾きやすくて、楽に弾けるネックです。

そして、ギターのサウンド。最近はフルアコの特徴を生かして、生音だけでギターを練習することが多いのですが、なかなかいい音を鳴らしてくれます。ギターが鳴ってきた、と言うよりはむしろ私がこのギターに慣れて良い音の出し方がわかってきたからだと思います。

ふくよかで、メローで、色んな表情の音を出してくれます。もちろん、満足いく音をだすためにはこっちもしっかりと左手を押さえ、そして右手もしっかりと出したい音に応じて弾いてあげる必要はあります。そういう意味では生音で鳴らすだけあって、今までのソリッドに細い弦が張ってあるギターを弾くのより難しい部分は多々あります。ただ、最近は指弾きであれ、ピック弾きであれ、結構自分が出したいトーンが出るようになってきたのが嬉しいところです。

まあ、本当に心から強く感じることは、「なんで今まであんな弾きにくいギターを我慢して弾いてたんだろ?」という一点(笑)。私にとっては、ストラトはどう調整してもやはりそれほど弾きやすい楽器ではないです。確かに面白い楽器ですが、イバニーズのフルアコを弾いていると、そのネックの弾きにくさを強く実感します。今までストラトなら何本も弾いてきて、ネックもいろいろと付け替えたりしてきましたが、そのどれよりもこのイバニーズのほうが弾きやすいです。たとえ弦が太くても。

そう、ネックが弾きやすいので、太い弦が張ってあってもチョーキングやビブラートがそれほど弦の太さを意識することなく出来たりするんですよね。それはやはりネックや指板が私にとって弾きやすいからだと思うのです。これほど弾きやすいのであれば、もっとギブソン系のスケールがついたネックのギターを試してみるべきだったな、と後悔しているところです。

徒然と書いてきましたが、このフルアコには大変満足しています。買って正解でした。ソリッドの全くの対局にあるフルアコを弾けば、以前から私が指摘していた「ピックアップはボディ鳴りを拾うか?」という疑問の答えも出ますしね。ただ、それについてはフルアコの弦のゲージが太くなってしまったので、そもそもの弦のサウンドのキャラがずいぶん変わってしまったので比較する意味に疑問を感じています。なのでいつかフルアコに細い弦を張るチャンスが有れば、その時にテストしてみます。

あ、で、このフルアコについているピックアップですが、いつもならばピックアップオタクの私としてはいろいろとテストしたい衝動に駆られるのですが、フルアコは電気系統をいじるのが難しそうです。ストラトのように素人でも簡単に出来る感じではありません。それにジョージ・ベンソンやパット・メセニーを始めとする多くの一流プロが使っているのと同じスーパー58がついているわけですから、ま、これでいいんじゃないの?とも思います(笑)。

また、歪んだサウンドで弾くギターではないので、はっきり言ってピックアップの違いがよくわかりません(笑)。なので、もし仮にピックアップを交換するとしても、私が考えているのはカバー付きのダンカン・アンティクイティをフロンにつけるくらいのことなのですが、それを行っても生音でアンプを鳴らして違いがはたしてわかるものなのかどうか・・・(笑)。

なので私にしては珍しくピックアップに関して興味を持たないギターでもあります。それよりも今はとりあえずしっかりと練習して、このギターをきちんと弾きこなせるようになることが第一ですね。太い弦で練習しているので、左手の指の先は、弦を抑える形が常に残った状態になっています(笑)。

がんばって練習します!

関連記事
エレキギター