久しぶりの書き込みになります(笑)。

 さて、最近はフロイドローズメインなのであまりこだわりはなくなってきていますが、やはり生涯の研究テーマ(大袈裟か)としたいのが、ノーマルストラトのアームを使った時のチューニングキープ対策ですね。

 で、最近行ったのは、ローラーサドルの「ローラーサドル化」(笑)。
 ゴトーのローラーサドルをシンクロに取り付けていますけど、アレは実はローラーじゃないんですよね。確かにローラーっぽい部品がついているんですけど、回らないんです、まったく(笑)。なので、チューニングの狂いが大きな6弦のサドルだけ、ローラーの両端を少し削ってクルクルと回るように改造しました。

 ところが、ほとんど効果なし(笑)。実は最近いろいろとテストをしていて、チューニングが狂う最大の原因はサドルだと思っていたんですけど、結果的にはほとんど効果がなかったのでかなりガッカリ。(笑)

 結局チューニングが狂う原因がサドルにないということで、再びヘッド側に目を向けます。ナットの滑りが原因だとはほとんど思わないので、以前からチューニング狂いの原因だと思っていたマシンヘッドを調整してみます。以前にもブログに書いた話ですが、ペグを取り付けてあるトルクネジを締めるとチューニングが安定するんですよね。

 そしてちょっとペグを強めに締め付けてみますと、あれ、やっぱり狂わなくなった・・(笑)。結局原因はここかよ・・(笑)。ストラトにおけるチューニング狂いの最大の原因は「ペグ」ですね、やはり。

 私が使っているのはシャーラーのロックペグですが、こいつはペグを締め付けているトルクネジが緩むと、とたんにチューニングが狂いはじめます。特に6弦はひどいんです。チョーキングすると、下手するとほぼ半音狂います。

 ロックチューナーの機械的な構造がわかっていないので、なぜペグのトルクネジを締めるとチューニングが安定するのか、その理由はわかりません。いずれにしてもペグの中で何かの位置が微妙にずれるからだという感じがしています。半音狂っていた6弦も、ペグを締め付けると数セント程度の狂いに直ります。

 ペグがこれほどチューニングに影響を与えるのであれば、ストラトの場合、ペグを交換するということがチューニング安定のためには大きな意味があると思いますねぇ。もうちょっといろいろとテストしてみよう。

関連記事
エレキギター