つい先日シンクロを使わない!と宣言したばかりでしたが、あっさりと本日撤回(笑)。

 ま、撤回と言うほどのことでもないんですけど、高校生の頃から今のストラトを手にして以来、こうやって何度もシンクロを封印したり、復活させたり、と繰り返しやってきています。でも今回は、たぶん今までのように神経質にシンクロを調整したりすることはないでしょう。なぜなら「シンクロは狂うもの」という大前提で使っているからです。
 いや、なぜまた復活させたのか?といいますと、やっぱりね、ストラトってトレモロが付いているからストラトなんじゃないですかぁ(笑)。ライブや録音で使えるレベルかどうかは別にして、普段家でギター弾いてるときくらいは、少々のチューニングの狂いも気にしないで弾きゃいいじゃないか!って開き直って思ったわけです(笑)。

 それと、やっぱりね、シンクロを使わないでストラトをずっと弾いていますと、なんか禁断症状と言いますか「久しぶりにシンクロ使ってみるのもいいんじゃね?」って気がふつふつと湧いてきて、「じゃ、久しぶりにどんな感じか使ってみるか!」って気分になっちゃうんですよ、なぜか(笑)。

 で、たいていは久しぶりに使ってみると、やっぱりチューニングの狂いがハンパなくって「やっぱり止めとこか」って話になるか、何かに取り憑かれたようにそれを解消しようと一生懸命になったりしてドツボにはまるわけですが(笑)、今回はなぜか復活させたとたんに使ってみても、ほとんど狂いません。

 もちろんフロイドローズと比べたら狂いますよ。でもまあ家でギター弾いているくらいならこれくらい許せるか、ってレベルの狂いなんです。それまでだったら、2音半チョーキングとかするとガンガンにチューニング狂ってたのに、今回はなぜかその後にコードを弾いても許せるレベル。

 実はですね、1箇所だけ調整を変えたところがあるんですよ。それはペグへの弦の巻き付け方。それまでトレモロをよく使っていたときは、極力弦の遊びがないほうがいいんだろうと思って、ロックペグのポストにほとんど弦を巻き付けないで使っていたんです。

 でも、あるときギターを弾いていると「カキッ!」という音とともに、ロックペグから3弦が外れちゃったんですよ。「あれ、ロックペグのクセにしっかり弦がロックされてねえじゃん」と思ったんですけど、それと同時に「もしかしてこういう弦の巻き方はダメなのかも知れない」とも思ったわけです。

 で、弦を張り替えた際にいつもより少し多めに弦をポストに巻いた方が弦がしっかりロックされるんじゃないかと思い、そっちの方が弦のテンションも強くなっていいや、てな感じでやってみて、ギターを弾いていたわけです。どれくらい巻いたか?といえば、とは言ってもロックペグですからせいぜい多くて1回、低音弦は半回転くらいですね。

 でもそうやってギターを弾いていますと、なんかその方がやっぱりチューニングが安定するような気がしてきて、それで、今日トレモロを使ってみたらどうよ、って気になったわけです。

 やってみたら以前よりも全然安定していて、そもそもロックペグって弦を一回くらいはポストに巻き付けることを前提に作られている商品じゃないのかな、って思うようになってきたわけです。ま、メーカーのホームページを見ても、基本的にはできる限り弦の巻数は少なくするべし、とありますから、私が感じているのは単に気分的なものかも知れませんけど・・(笑)。

 ま、それでも結構使えるレベルにチューニングをキープしてくれているので、またしばらくアームを使ってみようかと思ってます。何しろ、フロイド付きのギターもありますから、別にシンクロを使ってチューニングが狂っちゃうと困る、っていうことも別にないんで、そのあたりは結構アバウトに見ていこうと思ってます。

関連記事
エレキギター