ピーター・クリスって・・

2013/06/06 Thu 23:34

 今日はたまたまユーチューブを見ていますと、昔のKISSのライブビデオを発見!KISSも好きなので見ていましたが、ライブが進むにつれてちょっと「?」感が・・。

 

 最初のうちは「昔のライブビデオだからサウンドが悪いんだろうなぁ・・」と思っていましたが、何曲か演奏が進むと、演奏が少し締まりが無く聞こえるのは「ドラムのピーター・クリスが下手だから」ということがわかっちゃいました(笑)。
 プロがマイキングして、ミキシングしてこの締まりのないドラムサウンドですからね(笑)。フロントマンの3人が歌も上手いし、演奏も上手いし、パフォーマンスも凄いので、今まであんまり気がつきませんでしたけど、今日は改めて昔のKISSのライブビデオを見ていて、ピーター・クリスだけが抜きん出て下手だと言うことがよくわかりました。

 リズムキープといい、ドラムのサウンドといい、叩き方といい、ピーター・クリス、たぶんドラマーとしてのレベルは超アマチュアレベルですね。よくこれだけ有名で売れたバンドにこんなに下手くそなドラマーがいたもんですね(笑)。いや、本当に今日の今日まで30年間以上、気がつきませんでしたよ(笑)。

 このレベルでプロのステージに立っていた、というのも驚きですが、パールがエンド-スしていたのも結構驚き(笑)。私が子供の頃読んでいたミュージックライフには、ピーターがパール工場でドラム製作を見ている記事がありましたけど、この程度のテクしか持っていないドラマーだったら何叩いても一緒です(笑)。パールも、ピーターがメッチャ下手なことを承知の上で、宣伝と割り切ってエンドースしてたんでしょうね。

 それにしてもフロントマンの3人が上手で芸達者なだけに、結構ピーターはライブなどで足を引っ張っていたんでしょうね。それをカバーした演奏を見事にしていたフロントの3人はエライですよ、本当に。

 実は最初のうちは「大きなホールやスタジアムで演奏しているから、モニターが聞きにくくて演奏が不安定なんだろうな」と思っていましたが、違いますね、これは。だっていつも一緒ですもん(笑)。しかもいつ聞いてもプロドラマーとしての音の締まりとか、カッコイイフレーズとか、そういうのが一度も出てこない(笑)。しかもよく聞いていると、あれだけタムを並べているのにほとんど使ってない・・(笑)。フレーズが極めて貧困・・。曲のエンディングなんか、叩くフレーズがないんでスネアとシンバルとバスを適当に踏んでるだけ・・(笑)。

 おお、ドラムソロが始まった!一体どんなフレーズを叩くんだ!?・・と見ていますと、めーっっちゃ簡単なフレーズしか叩かないぞ(笑)いや、このレベルのテクニックしか持っていないのに大観衆の前でドラムソロをする、その勇気、凄いです。と言ってたらあ、ソロ終わっちゃった・・。しかも、歌もハンパなく下手・・・(笑)。

 なるほど、そうだったのか・・。やっとわかった、ピーターはただ単に下手なだけだったんだ・・。もっと上手いドラマーは周りにたくさんいただろうけど、それでもピーターをプロデビューするときに切らなかったのは、よほど仲が良かったんでしょうねぇ・・。あるいは、歌もドラムも、この下手さ加減が「ショーの一部」だったのか・・。

関連記事
好きなミュージシャン