ちょっと前のスタジオ練習で、新しく作ったEVHスペシャル、フロントピックアップ、アンティクイティ版ですが、練習の録音を聞いていると、まあ私の好きな音がするんです(笑)。自分で言ってりゃ世話ないところですが、そりゃ好きなパーツばかり集めて作ったんですから好きな音がしますわねぇ。

 で、やっぱりフロイドローズっていいです。生音の好き嫌いとか、弦高調整のめんどくささから来る弾き心地の違和感とか、そんなものは確かにあるんですけど、それは気にしなければたいした問題じゃないです。それよりも「チューニングが狂わない」という最大のメリットは、なにものにも代えがたいものがありますね。
 その前の練習では、シンクロの付いたギターを使っていたんですけど、そのときの録音と比べると明らかに私のギタープレイが違うんです。どう違うかと言えば、フロイドが付いたギターを弾いている時のほうが圧倒的に自由に弾いているんです。

 シンクロを弾いている時は、いくらチューニングが狂わないようにセッティングしている、って言っても所詮シンクロはシンクロで、やっぱり一音半や二音チョーキングはその後のチューニングの狂いが怖いのでやらないし、ビブラートもあんまり大きなものをやるとチューニングが狂いそうなのでやらないんです。

 もちろんアームを一発掛ければチューニングが元に戻ることは分かっていますが、やっぱりそれもめんどくさいんです。だからシンクロを使っているときは、やはりなんだかんだ言って無意識のうちにチューニングが狂わないような無難なプレイになっているんです。

 ところがフロイドを使っているときは、そんな心配を一切する必要が無いので、チョーキングもビブラートも本当に好きなだけできるんです。弦が切れちゃうんじゃないかと思うくらいの大きなチョーキングだって全然平気。そのあとのチューニングの狂いなんて何も気にする必要ありません。

 フロイドはナットのところで弦をがっちり固定していますから、アームを使う、使わないにかかわらず、これ以上チューニングが狂わないギターのチューニングシステムはないんですよね。レスポールなどのトレモロなしギターでも激しくチョーキングなどをするとナットの部分で弦が動くためにチューニングが狂いますけど、フロイドローズはそれすらもないですからね。

 その練習の録音を聴いていて、なんかシンクロを使うのがバカバカしくなっちゃいました(笑)。だってシンクロじゃ私のベストな演奏はどう考えたってできないですからね。何度もこのブログに書きますように、私は「楽器演奏職人」なんかにはなりたくないんで、「チューニングの狂いをテクニックでカバーしながら、聴いている人に分からない程度にコントロールする」なんて神業を身につけたいなんてこれっぽっちも思わないんです(笑)。

 そんなもの、何も気にしないで、チューニングの狂わないギターを好きなように弾く方が楽しいに決まってますもの(笑)。フロイド付きのギターを自分で弾いているときの音源のを聴いて自分でそのことをイヤと言うほど実感しました。

 だからもうシンクロ付きのストラトのほうでアームを使おうなんて思わなくなっちゃいました。バカバカしいですもん、チューニングの狂いを演奏テクニックでカバーしながらギター弾くこと自体が。だからアーム外して、トレモロのネジもちょっと強めに締めてトレモロをボディにピッタリ着けるようにして、ノントレモロとして使うことにしました。

 そうやって弾きますと、フロイドと同じようにどんなに大きなチョーキングをしても、どんなに大きなビブラートをかけてもチューニングが狂わないので、凄く気持ちがいいです。

 この数年間くらい、シンクロ付きのストラトのトレモロのチューニングが狂わないように、本当にいろんなことをしてきましたけど、シンクロ使うの止めます。アーム使いたかったら素直にフロイドが付いたギターを弾きます(笑)。

 やっと分かりました。私にはフロイド以外のトレモロが付いているギターはダメなんだということが。フロイド以外のトレモロを使うくらいなら、潔くトレモロを使わないプレイをするほうがずっと気持ちよく、そして楽しくギターが弾けます。

 ・・ということで、シンクロ付きのストラトはあっさりとアームレスギターとして今後演奏されることに決まりました(笑)。

関連記事
エレキギター