先日、ようやく例の「EVHスペシャル 改」をスタジオで弾く機会に恵まれまして、ああ、そうそう、ブログに書くのを忘れていましたが、フロントピックアップはセイモアダンカンの「アンティクイティ・ハムバッカー」に交換しました。

 で、そのスタジオで弾いた感想ですけど、まあエフェクターで音をバリバリ作っているので、参考にはならないような気もしますけど、このギター自体はとてもいい音がすると思います。フロイドローズが付いているからだと思いますけど、弦の音も伸びやかですしねぇ。とてもコントロールしやすいギターに仕上がりました。
 さて、そこでフロイドローズ付きのギターを弾いていて、ノンフロイドのギターと比べるとずいぶんいろんなところが違うことに気がつきます。まずはチューニングの安定性。これは言うまでもないでしょうけど、ノンフロイドのトレモロをどれほど一流のプロに調整してもらったとしても、たぶん私自身は満足することは無いでしょうね。

 たとえ微妙なピッチの狂いであっても、それがアームを軽くかければ完璧に元通りに戻るとしても、それでもやっぱり私はフロイドを選びますねぇ。だってフロイドなら2音半チョーキングをしても狂いませんもの。

 ノンフロイドなら、2音半チョーキングをすると、まず間違いなくチューニング、結構狂います。そしてその後のフレーズに大きな悪影響を与えます。それを直すためにはアームを無理矢理使わなければならず、そういう「制約」がとてもイヤなんです。

 そして2つ目は、ナットとブリッジでがっちりと弦の動きを固めてしまっているため、チョーキングやビブラートが猛烈にやりやすいこと。これはフロイドのほうがシンクロなどよりもアームの効き方が大きいことと理由は同じだと思います。

 ナットで弦が動かないので、同じようにチョーキングやビブラート、そしてアームを使っても、音程の揺れ巾がものすごく大きくなるんですよね。もちろん、私のギターはトレモロをボディにベタ付けして、チョーキングしたくらいでは浮き上がらないようにセッティングしていますので、そのことも多少影響しているとは思います。

 それから、これら二つの理由で、ギタープレイが本当に自由に、そして大胆にできることに自分で気がつきますね。ノンフロイドを使っているギターよりも心配することが全然少ないし、チョーキングやビブラートもやりやすいので、本当に自分がやりたいようにギターを弾くことができるのです。それが許されるのです。チョーキングだって好きなだけやってもなんの心配もありません。

 肝心のサウンドですけど、音を聴いたバンドのメンバーは「ストラトの音じゃない!」と一様に驚いていましたねぇ。そりゃそうです、リアがディマジオのEVHカスタムモデル、フロントがダンカンのアンティクイティなんですから、全然ストラトとは違うサウンドがします。

 でもそれは、多くの皆さんが心配しているような「フロイド臭さ」はあまり感じません。特にフロントのアンティクイティのサウンドなどは、ただのレスポールやフライングVなどのハムバッカーサウンドです。エフェクターで音を作る限りにおいては、きっとこのギターサウンドを目をつぶって聞いて、ストラトのボディスタイルを思い浮かべる人はまず居ないでしょうね(笑)。

 ・・まあ、そんなことで、私はフロイドローズ、お薦めしますね。もちろん「アームは絶対に使わない!」といえる人は使う必要ないですが、でも「たまには使うカモね」という方だったら、普段のアームを使っていない時のサウンドはストラトでもハムバッカーでも、ノントレモロのノーマルギターと同じ音がするのですから、フロイド付きのギターを選択することも悪くないと思いますね。

 世の中にはアンチ・フロイドローズの方も多いと思いますけど、実際に使ってみると結構そのメリットを実感するもんですよ。特にチョーキングやビブラートのやりやすさは他のギターではなかなか感じることができないものだと思いますねぇ。

 ドラマーで例えれば、アンチ・ツインペダル派みたいな感じですね(笑)。今どきハードロックドラマーじゃなくてもツインペダルなんて普通に使っています。特にジャズ、フュージョン系のトップドラマー達においては、使っていない人をさがす方が難しいくらいです。

 変な偏見とこだわりを捨てて、ツインペダルも、フロイドローズも使ってみてはどうでしょうかねぇ。ものは試し、「ああ、世の中にはこんな便利で凄いものがあったのか!」といまさらながら驚くかもしれませんよ。

関連記事
エレキギター