そう言えば、フロイドローズのパーツをネットで探しているときに「フロイドローズ付きのギターは初めて買うギターとしてはオススメしない。2本目以降ならアリだと思う」というご意見を見つけました。

 なるほど、確かにフロイドローズというシステムは特殊ですから、1本目はノーマルのストラトやレスポールなどで「ギターという楽器」に慣れて、それからフロイドローズの付いた「特殊なギター」に入っていくのも1つの考え方かもしれませんね。

 でも、個人的には別に1本目からフロイド付きのギターでいいんじゃないかと思いますねぇ。
 これは、時々見かける「一本はストラトを持っておくとよい」というご意見とよく似ていると思いますね。大体「一本はストラト」派の方のご意見を集約すると、

・ストラトはネックのアールが強く、弦のテンションも強くて弾きにくいので、左手のテクニックが身につく
・シングルピックアップはきちんと弾かないと音がちゃんと鳴らないので、シングルで練習する方が右手が上手くなる


あたりになるのではないかと思います。

 確かにこういったご意見もごもっともだと思いますけど、私の経験から言いますと、弾きにくいギターは何十年弾いてもやっぱり弾きにくいだけです(笑)。もっと言えば、そんな弾きにくい楽器で練習をしていると、ストレスが溜まって楽器を弾くのがイヤになるだけです。

 特にネックのシェイプなんて、人によって手の大きさも、力も、形も違うのですから、弾きやすいネックの形というのは本当に人それぞれです。だから自分に合っていないネックのギターをいくら練習したって、それは上手くなるためには遠回りしているだけなのです。それに、たとえそんな弾きにくい楽器が多少弾きこなせたとしても、そんなもの、はっきり言ってなんの自慢にも、屁の突っ張りにもなりません(笑)。

 だから私は初心者であれ誰であれ、できるだけ弾きやすくて、自分の好みのギターを弾くべきだと思いますね。確かに扱いにくいギターを使えば、ごまかすテクニックは色々身につくかもしれません。例えばシンクロのアームを使ってチューニングが崩れたときの直し方とか、チョーキングしようと思ったときに指の位置が微妙にずれてチョーキングがやりにくいときのごまかし方とか、そういうのは身につくかもしれません。

 でも、シンクロでアーミングをするっていうのは、結構ストレスが溜まるものです。例えごまかし方を身につけたとしても、常にチューニングに神経を使いながらフレーズを弾かなければなりません。はっきり言って、どれほど調整してもシンクロは「必ず狂う」のが前提で、それをごまかすためにはある程度フレーズに制限があります。実はそれがギターを弾いていて結構ストレスになるのです。

 だから、ある意味「自由にギターを弾く」ことの阻害になるシンクロなんて、本当は使わないに越したことはないとも思うのです。もちろん「フロイドの音が嫌い」という人はシンクロを使わざるを得ないかもしれませんが、私自身は久しぶりにフロイド付きのギターを弾いてみますと、ノーマルストラトとのサウンドの違いはそれほど気にはなりませんでしたね。

 むしろ、フロイド特有の「弦のテンションの弱さ」は録音して聞いたりすると多少気になるところではありますが、でも、だからといってそれが「フロイドを使わない理由」になるほどのことではないですね。むしろどんなフレーズを弾いても、どんなにアームを掛けてもチューニングを気にしないでよい自由さ、開放感は何物にも代え難いです。

 だから、「アーミングを使ったプレイをしたい!」と思ってギターをはじめる方、あるいはただ「ギターを弾いてみたい!」と思う方であったとしても、フロイド付きのギターを使えばよいと思いますね。最初から扱いやすい楽器を使うということは、楽器が上手になるためにはとても大切な要素ですからね。

 それに「左手で弦を押さえ、右手で弦を弾く」という作業自体は、ノーマルのギターであれ、フロイド付きのギターであっても変わらないわけで、そこのテクニックはどのギターを弾いてもどのみち練習しなければならないことです。

 エレキギターを弾くにあたって、選ばなければならないギターの「順番」なんてありません(笑)。それぞれの人が好きな楽器を選んで弾けばいいと思いますねぇ。スティーヴ・ヴァイが憧れであれば、イバニーズのスティーヴ・ヴァイのモデルでいいんじゃないですかね。エディが好きなら、いろんなEVHモデルをを買えばいいと思います。ジャズが好きならギブソンのセミアコやフルアコがいいんじゃないでしょうか。

 ストラトを練習用のためだけに一本買う必要なんて全然ないと思いますねぇ。だって自分の好きなサウンドやネックがギブソン系の人にとっては、ストラトなんか弾けたって何の意味もありませんもの(笑)。そんなの単なるお金の無駄遣いで、それよりもどうせギターを複数買うのであれば、ご自分が好きな楽器を複数持つ方がよほど楽しいと思いますね。

 ギター選びにセオリーなんてないと思いますね。もちろん経験すべきギターの「順番」なんてものもないです(笑)。そんな「順番」なんてあるわけないですし、「ストラト弾かないとギターが上手くなれない」なんてことは絶対ありません。むしろストラトは生涯持ったことがなくても、神のようにギターが上手なプロギタリストは世の中にいくらでもいますから心配する必要などありません。

 あ、話が少しそれてきましたが、結局のところ、ご自分がプレイしたいスタイルがフロイド付きのギターであるならば、例え初心者でも最初からフロイド付きのギターを買えばいいと思いますよ。そうすればより早く自分がプレイしたいスタイルを練習できるし、身につけることもできるじゃないですか。それにフロイドの扱いにも早く慣れるし、いいことずくめですよ。

 いろんなギターを経験するのは、それなりにギターが弾けるようになって「他のギターも弾いてみたいなぁ」と思ってからでいいんじゃないでしょうか?私なんかもう30年以上ギター弾いてますけど、正直言って別に自分が持っているギター以外のギターを弾きたいと思ったこともないですから、そういう人は無理して何本も持つ必要ないですしね。

 でもジャズ用のフルアコ、これだけはぜひとも一本欲しいなぁ(笑)。ギブソンのESなんとか、とかイバニーズのジョージベンソンモデルやジョー・パスモデルあたりなんかがいいなぁ・・(笑)。

 ま、ギターの楽しみ方はその人それぞれで、自由に、好きなようにやってみればいいのではないでしょうか。それが一番楽しいと思いますし、誰かから「こうしないとダメ!」というセオリーを叩き込まれて、それに頭を縛られてギターという楽器を捉えるのもなんか視野が狭くなりそうな気がしますねぇ。

 とにかく、エレキギターくらいの楽器なら、色々なやり方があってイイと思いますし、それが許される楽器だと思いますねぇ。

関連記事
エレキギター