サンタナさん

2012/12/22 Sat 20:43

 サンタナのギターについては、皆さんいろいろとご意見があると思います。あれだけ売れている人ですから、ファンがものすごく多いのはよく分かりますが、私はあんまりねぇ・・(笑)。

 なんか最近のサンタナって、歌の後ろでペロペロ~ってギターを弾くという芸を確立させてしまったみたいで、誰のどの曲を演奏しても同じパターンです。好きな方にはそれがたまらないのでしょうけど、はっきり言って邪魔(笑)。ギターを初めて少しアドリブができはじめるようになった人が曲にあわせてアドリブの練習をしているみたいな感じで、なんかセンスがすごく素人っぽいんです。ずーっとなんの脈絡もなく歌の後ろでギターソロ鳴ってるし。
 ま、こういう芸風を確立させたというところは偉いと言えば偉いし、売れるプロデューサーと組んでレコードを作っているおかげか、とりあえず何やってるかわかんないギター弾いてても、曲がいいのと、歌を若い女の子に歌わせたりすることで、話題になり、売れてます。



 決してサンタナのギターがイイから、とか、サンタナに作曲の才能があるから、という感じでは全然ないんですけど(笑)、わかりやすく例えれば、AKBの曲で必ずサンタナがギターを弾いているようなもの。しかもアルバムのアーティスト名が「AKB」ではなく「サンタナ」になっているのが面白いところ。

 うん、まあ、イイ商売ネタを見つけましたね、サンタナは。自分で歌も歌わないし、作曲もしないし、ギターもマアマア。でもものすごく売れる曲を作れるチームに曲とアレンジを用意してもらい、アイドルみたいな若い女の子に歌わせて、自分は家でギターを弾くようにその曲にあわせてテキトー意味もなくギターを弾く。

 これは楽な商売です(笑)。もちろんサンタナがビッグネームで、そしてサンタナと連めば金儲けできると思う連中が集まってくればこその話で、誰にでもできることではありません。ジミーペイジの評価と同様に、サンタナについてもギタリスト云々と言うよりも、売れるリーダーアルバムを作る仕組みに自分が組み込まれているところに彼の偉大さがあるのかも知れません。

 ちょっと前に発売された、有名ロックバンドの曲をカバーするアルバムもちょこっと聴きましたけど、これ、なんなんでしょうか(笑)。デフ・レパード、ツェッペリン、パープル・・どの曲を演奏してもなぜがコンガやボンゴがポコポコ鳴ってて、相変わらずサンタナが歌を無視して最初から最後までずーっとギター弾いてます(笑)。それも「ギターの練習かよ!!」って思わず突っ込みたくなるほど、適当なフレーズ(笑)。

 いいなぁ、こんなんでお金儲けできて。本人はメッチャ気楽でしょうね。誰かが用意してくれたオケの前で自分は適当にギターを好きに弾くだけ。しかもワンコード、ワンキーですから、本当に「家で練習」気分の演奏です。コードも覚えなくていいですしね。たぶん適当に2-3テイク取って、良さそうなところだけつないだんでしょうね。

 ま、プロの音楽の世界はなんだかんだ言っても売れた者勝ちですから(笑)。こんなアルバムでも買う人がいるんですから、そりゃしょーがないです(笑)。

 ああ、でもサンタナのいいところも挙げておきましょう(笑)。とりあえずフレーズに気合い入ってます。それとリズム感とノリは素晴らしいです。リズムを崩したり、外したりすることは全くと言って良いほどありません。そして自分が弾きたいフレーズはたぶん自分の思い通りに弾けていると思います。

 それとやはり、昔から変わらない「強烈な個性」ですかね。あのギターのフレーズが一節鳴っただけで、「あっ、サンタナだ!」とわかるトーンとフレーズ。これは彼ならではのものでしょうね。

 ・・と、言うことで、落として上げたところで、お後がよろしいのではないかと・・(笑)。

関連記事
好きなミュージシャン