ふぅ、ようやく完成しました、私のもう一つのギター、フロイドローズ付きのストラトの改造が。今回は時間がかかりましたねぇ。木を削ったり、穴を空けたり、という作業がやたらとありましたね(笑)。

 ま、最大の難所は、やはりフロイドローズ付きのギターは、ただでもブリッジの高さがノーマルのシンクロよりも数ミリ程度高いので、ネックをボディにセットする際の高さ調整ですよね。この調整だけはやってみなければわからないだけに、なかなか時間がかかる作業でした。
 今回の作業自体は比較的簡単な話です。ウォーモスにネックを注文したので、そのネックをボディにセットすること。そしてミュージックマンEVH(AXIS)のピックアップをボディに組み込むこと。この2点です。

 ・・と、書いてしまえば簡単な話ですが、実際の作業を行うとなりますと、なかなか苦労の連続です(笑)。まず手元に届いたネックについては、フロイドローズのナットも一緒に注文していましたので、それをネックに取り付けます。これは簡単。ちなみにこのネック、ゴトーの「サイドアジャスター」なるシステムが組み込まれていて、ネックの横からトラスロッドの調整ができるようになっています。

 で、次にペグを前のネックから移植しようと思ったのですが、なんと、全然サイズが違う・・(泣)。前のネックにはオールドクルーソンタイプのペグがついていたのですが、昔の日本製によくありがちの「外見だけコピー」。中身は普通のペグなので、オールドクルーソンタイプのようにブッシュでペグを取り付けるのではなく、上面からネジ留めするタイプになっています。おかげでシャフトの太さが全然違います。いい加減だな、昔のグレコ(笑)。

 せっかくオールドクルーソンタイプのペグが取り付けられるようにネックをオーダーしたのに、結局意味なし。しょうがないので、オークションでオールドクルーソンタイプのペグを取り寄せました。安かったので良かったですが。

st4.jpg

 お次はピックアップ。フロントをハムバッカーにするため、先ずボディのキャビティを拡げる必要があります。めんどくさいですが、ノミとハンマーを使ってコチョコチョ作業します。これはまだよいのですが、もっとめんどくさいのは、ピックガードの改造。プラスチックって、結構切ったり削ったりするのが面倒なんですよねぇ。

 で、実際の配線ですが、センターはダミーです。フロントとリアのみ線がつないであり、セレクターをセンターの位置に持ってくるとフロントとリアがブレンドされるようになってます。ええ、レスポールなどの2ハムタイプのギターと同じ配線です。

st1.jpg

 そして、最大の難所、ネックポケットの調整。前のブログにも書きましたが、ボディはフェルナンデス製なのですが、こいつのネックポケットの厚みがどうも深い。おかげでネックがネックポケットにすっぽりと入り込んでしまって指板がピックガードとツライチくらいにしかなりません。

 ただでもフロイドローズが付いているギターはネックの取り付けを高くしないといけないんですから困ったことです。結論的にはネックとボディの間にゲタを履かせることにしました。カッコイイ呼び方をすれば「スペーサー」ですね(笑)。3ミリ厚の板の端切れを使って、ネックポケットの厚さを3ミリ高くします。こんな感じにネックとボディの間に挟み込みます。ネックの横に仕込まれている6角ネジがサイドアジャスターのネジですね。

st5.jpg

 さらにはネックのねじ穴とボディのねじ穴の位置が全然違うので、ボディの方のねじ穴を切り直します。これが結構大変。だってネックの穴の位置を正確にボディのネックポケットに写し取るのがなかなか難しいですし、元々空いていた穴を一度埋めて、もう一回空けないといけないので手間がかかります。

 それと、普通のシンクロのギターをフロイドローズにすると、元々シンクロがついていた場所にフロイドをセットするとスケールがメチャクチャになるのですが、私のギターもその状態(笑)。なので、今回はネックポケットをブリッジ側に拡げてスケールを少し短くする調整も行いました。

 ふう、やることが多すぎて大変(笑)。おかげで時間がかかったんです。しかも私はボール盤もルーターも持っていませんからすべて手ノミと普通の電動ドリルだけが道具。ですから余計に時間がかかります。

 ここまでやってもまだ実は重要なポイントが残っています。それは「ネックの角度調整」。基本的にフロイドローズをボディベタ付けにするつもりですから、ブリッジ側での弦高調整は基本的にできません。と、なると、弦高調整はネックをボディに取り付ける高さ、角度ですべて決まってしまうのです。

 薄いシムを挟んだりして調整していたんですが、やはりあまりに微妙で神経を使う調整なので、ここは少し諦めました(笑)。写真を見ていただけるとわかるように、ブリッジ側の高さを微妙に調節することで弦高調整することにしました。ネックの仕込み角を調整するより、こっちで調整する方が遙かに楽で、正確です。

 ちなみにフロイドのユニットは、二十数年前に大阪・梅田の楽器屋で投げ売り状態だった、フェルナンデス製のフロイドローズですね。今ではレアものかもしれませんね(笑)。

st3.jpg

 そうやってできたのがこちら。

st6.jpg

 名付けて「もーもーEVHスペシャル」です(笑)。本当はボディも突き板を貼って、カッコ良く仕上げようと思ったんですが、考えただけでも工程が大変ですし、それにボディの塗装を上手く仕上げる自信がありません。また現在のサンバーストも結構好きなので、とりあえずこのまま使うことにしました。

 なんか、実際のEVHではゼブラのピックアップがすごくかっこいいんですけど、ストラトに付けるとなんかいまいち(笑)。サウンドはともかく、ルックス的には黒いピックアップ2発の方がずっと精悍でいいかも。それもいつかやってみよう(笑)。

 今回のチューンアップで、とりあえず現時点でできることはほとんどやってしまいましたが、まだ調整したいところはいくつかあります。1つはフロイドローズのブリッジのスタッドが、二十数年前のいい加減な作業のままになっているので、きちんとボール盤を使ってスタッドを正確に打ち直したいこと。

 そして2つ目は、今回妥協してしまったところですが、ブリッジをボディにベタ付けしても弦高がベストな状態になるようにネックの仕込み角を調整すること。でもこれは想像以上に手間がかかるし、今のように少しくらいブリッジの前側が浮いていてもサウンドにはほとんど影響がないので、このままでもいいかなぁ、なんて8割方思っています(笑)。フロイドローズを使い始めた頃のエディも、結構ブリッジは斜めにしてボディにひっつけていましたからね。それよりは私のギターの方がマシな状態です(笑)。

 最後の3番目は、やはりボディをリフィニッシュすることですね。でもこれは現実的にはあまり考えてないです(笑)。ただ、ボディ裏にはいろんな穴が空いていたりするので、これを隠すためにボディの裏側に突き板を一枚貼って真っ黒か、あるいは適当なサンバーストにフィニッシュしてみたい気はあります。

 てな感じでできあがった「もーもーEVHスペシャル」、サウンドはですねぇ、個人的にはとても気に入っています。このミュージックマンEVH用のピックアップ、当初の予想どおりフロイドローズとの相性がいいみたいですねぇ。とても良いトーンです。フロイドローズの明るい弦の音を適度にマイルドにしてくれるおかげで、録音したサウンドだけを聴いていますと、フロイド臭さをほとんど感じることがありません。

 そして、久しぶりに復活したフロイドローズですが、やっぱりイイですねぇ。確かに、シンクロを一生懸命調整すれば狂いもだいぶ減りますが、やはりシビアなプレイをしようとするとフロイドには勝てません。フロイドは、アームを使うためにはほとんど完璧なシステムですからね。やっぱりこれが一番ですね。

 アームの効き方も急激でカッコイイし、ナットやブリッジで弦が動かないので、アームを掛けたときのサスティンもすごいですしね。とにかくチューニングにいちいち神経質にならなくてもアームを使えるこの気楽さ、最高です(笑)。今の私は「いかにラクに弾けるか?」というのが、求めているギターの理想なので、そういう意味でもフロイドはすごく気楽にギターを弾かせてくれます。

 だってね、ギタリストの中には「どうや、俺こんな難しい楽器をここまで弾きこなしてんねんで!すごいやろ、お前ら!」みたいに思って弾きにくい楽器をこれ見よがしに持ってステージに立っている方もいますが、そんなものお客さんから見たら関係ありますかいな(笑)。

 苦しそうに、しんどそうにチョーキングやビブラートをかけたり、指から弦が外れてプチプチ音が途切れたり、チューニングが微妙に狂ったギターの音を聴かされるより、気持ちよくチョーキングやビブラートも鳴り、ミストーンも少なくて、チューニングも狂わないサウンドを聞く方がお客さんも楽しいに決まってますやんか(笑)。

 それと今回オーダーした、普通より1ミリほど幅が広いスティーヴィー・レイ・ヴォーン・シェイプのネックが良いです。とっても手に馴染んで、私好みのネックです。前の白いストラトのために作ったネックもこれにしておきゃよかった・・(笑)。ま、あれもあれで全然良いネックなんですけど、とにかくやっぱりRの強い昔ながらのストラトのネックは、私にゃムリ(笑)。そんな難しいネックが弾けなくても困ることなど何一つありませんので、こういう弾きやすいネックがイイです。

 まだ調整する部分は残っていますが、とりあえず完成しました。ふう、よかった・・。これでライブで思い切り使えるギターがまた復活した・・。

関連記事
エレキギター