とうとう、といいますか、ようやく、といいますか、私が最も興味を持っていたピックアップの1つであるものが手に入りましたねぇ。それは、ミュージックマンEVH、AXISのディマジオ製ピックアップですね。フロントはN2モデル、ブリッジはB1モデルです。

 最近知り合いになったバンド仲間を通じて運良く入手できたものですが、私が手に入れたヤツは最近のものと思われ、ネットでよく見かけたような、ベースプレートにただ「B1」と刻印されているヤツではなく、ステッカーが貼ってあるヤツです。そういえば同じようなものをアメリカのオークションで見たことあったなぁ。
Dimarzio B1 Pickup

 他に興味があるピックアップといえば、ホンモノのオールドPAFくらいかなぁ・・。それも正直いえばそれほど興味があるわけでもなくって(笑)、単純に骨董品、珍しいものが欲しいから、という感覚に近いです。

 だって50年前のピックアップだもの、今どき市場に出回っているモノがまともなモノだかどうだかわかったもんじゃありません。ちゃんとしたオールドPAFは、今でもオリジナルのオールドギターに付いているものだけくらいじゃないでしょうかねぇ。

 さて、話は戻って、上の写真がミュージックマン用のディマジオ製B1ピックアップの実物ですね。最近のエディー・ヴァン・ヘイレンのサウンドはあまり好きではないのですが、ミュージックマンのEVHモデルを使っていた頃のサウンドはかなりお気に入りだったんです。イイ感じにニュアンスもあって、エッジも効いてて、で、分離も良いサウンドで。

 もちろんアンプの影響も大きいのですが、とりあえずピックアップフェチの私としては(笑)「あのピックアップでギターを弾いてみたい!」という欲求がとても強くなり、そしてようやくその念願が叶ったというところです。

 巷では、このB1モデルは、Tone Zoneに似ているとか、いや、別のディマジオモデルに近い、とかいろんな声も聞きます。Tone Zoneに似ているとすれば個人的にはバツですが(笑)、昔のエディのサウンドはTone Zoneではないと思いますねぇ。最近のエディのサウンドはTone Zone風ののっぺり感がありますが・・。

 ま、そのあたりは実際に自分で弾いて確認するとして、またこれをギターにインストールして、そして久しぶりにVHのフレーズを弾いて動画アップしてみたいなぁ、などと考えております。いつになるやらわかりませんが(笑)、がんばってやってみます!

関連記事
ピックアップ