一時期ものすごく昔のジャズにハマった時期がありまして、古い演奏をネットラジオでずっと聞いていた時がありました。でも最近はとんと聴かなくなってしまいました。

 その理由は、昔のジャズって玉石混合だからなんです。確かに素晴らしい演奏をする人たちも多いのですが、時々、というか、結構頻繁に下手くそが出てくるんです。いえ、もちろんジャズの場合はうまい人がわざとリズムを崩したり、音を外して演奏するケースが多いことは知っていますが、よく聴いていると下手な奴が単に音を外しているだけのことも少なくないのです。
 私が一番ジャズの演奏で気に入らないのは、ある程度ふざけて、洒落で演奏している部分があるんでしょうけれども、音程と音の長さがきっちりしていないこと。特にピアノではひどい時があります。わざと外していると思うにはあまりにも酷すぎる指のズレ。それを修正するための下品なグリス。そして鍵盤を叩くような荒くて汚い音。

 ドラムだって、昔のジャズでは明らかに下手な奴が叩いている時があります。ギターも音程が明らかに外れて、それも全然味になっていない外れ方をして平気で弾いている奴がいます。そしてトランペットやサックスなどの金管系も、確かにすごい人はスゴイのですが、すごくない人はただ単にすごい人の飛び技のモノマネだけして、音も汚いし、音程も悪いし音の長さも適当すぎるし、と、どうしようもない人も決して少なくありません。

 そんな演奏をずっと聴いていると、やっぱり飽きちゃうんです。ロックでも下手な奴が演奏している曲は飽きてしまうのと一緒で、ジャズだって下手な奴が演奏しているととても聞いてられないんです。ただ単にカッコつけて上手いふりをして演奏しているところが、聴いていてたまらなく我慢出来ないのです。

 下手な演奏には味もクソもありません。下手くそが音を外し、音の長さもコントロール出来ないくせに、それを「味」と自分で表現して開き直って演奏しているサウンドは、とても聴けたものじゃありません。下手の失敗を「味」と評価する評論家たちもバカです。

 今の時代は、ジャズを演奏する人たちはかなりレベルが高い人が演奏していることが多いのですが、音楽といえばジャズしかなかった昔の時代には、当然ですが大してうまくない人も演奏していたんですよね。ホントひどい奴が時々混ざっているんですよ(笑)。

 やっぱり音楽って、どんなジャンルでも上手い人が演奏するからこそ人の心を動かすことができるんですよね。下手なくせに、それを「味」とごまかすような連中が演奏している演奏は、たとえ昔のジャズであったとしても全然心を動かされることはありませんねぇ。

 なので、下手な奴が演奏するジャズはとてもじゃないですが、聴いてられません。昔のジャズの演奏がすべてレベルが高かったと思うのは違うと思いますねぇ。

関連記事
その他