最近日本のオークションでやたらと古いギブソンのピックアップが出品されています。以前ほどヴィンテージピックアップに興味がなくなったとはいえ、いまでも嫌いではないのでとても興味を持ってオークションの推移を見守っています。

 といってもいまの私にはオールドピックアップは扱いにくいんですよね。やっぱりベースプレートの足が長いんで、自分のギターには取り付けられないのです。ホンモノのビンテージであればベースプレートを交換する作業もめんどくさいし、できればやりたくないですからねぇ。なので、欲しくても買えない状況(笑)。

 でも、なんででしょう、やたらと「PAF」を謳った古いピックアップが最近オークションに出品されています。ちなみに「PAF」は「ピー・エー・エフ」と読みます。日本では「パフ」と呼ぶ人のほうが多いですが、海外では100%「ピー・エー・エフ」としか呼ばれませんね。ドーでもいいことですが(笑)。

 目に付くたびに一通りオークションに出品されているPAFの内容はチェックしています。とてもホンモノっぽいものもありますし、ちょっと胡散臭いモノもあります。まあ今どきはこういうヴィンテージピックアップ、PAFもオークションにだしてもそれほど高値が付きませんよね。

 私がチェックしているピックアップも、ほぼ全てが落札者なしで自動延長されているモノばかり。唯一落札されたピックアップは、「ショートマグネット付きの50年代オールドPAF」で、それでも値段は確か14万円ほど。もちろん一番古い時期のロングマグネットではないから、という点は差し引いても、それでもホンモノであればいわゆる「オールドPAF」には間違いありません。

 これにしても、落札者は確かオークション終了直前に入札したひとりだけ。本当に誰も手を出しません(笑)。よほどオークションに出品されているオールドPAFをみんなが怪しがっているのか、それともオールドピックアップそのものに人々が興味がないのか、いずれかなんでしょうね。後者であれば、無意味なオールドピックアップ礼賛をしなくなってきているということで、とっても望ましい事です(笑)。

 でもねぇ、オークションに出品されているピックアップを見ると、妙に「60年代ナンバード」っていうのが多いんですよね。「私が持っていたギブソンの○○に付いていたものです。素晴らしいサウンドですが、使う機会がないので出品します」って紋切り型で書いてあるんですが、素晴らしいピックアップならなぜ手放すのでしょう?(笑)オリジナルのPAFを他のどのピックアップに取り替えたの?それともギターのネックが反って使い物にならなくなったとか?

 これが本当に不思議。だってホンモノなら、そのままあと10年もすればもっと高値で売れるのに。或いはそのピックアップが元々ついていたギターにひっつけて売ればもっと高く売れるのに。しかもこういうピックアップ、必ずと言ってよいほどベースプレートに貼られたステッカーの一部が剥がれています。またステッカーを覆っているラッカーが新品のようにクリアだったりするんですよねぇ、不思議です(笑)。

 吹かれてから50年近く経つラッカーが変色もしないでクリアなままというのはどうにも解せませんし、その割にベースプレートはサビサビだったり、逆にやたらとピカピカに綺麗だったり。うーん、普通に考えて、自然に時を経てきたピックアップだとは思えませんね。私自身79年製のTトップを持っていますから、古いギブソンのピックアップがどのように経年変化していくかは大体予想が付きますからね。

 もちろん別々のボビンとベースプレートを組み合わせて出品しているケースも多いのかも知れません。だからボビンとベースプレートの経年変化が違うのかも知れません。でもそれはヴィンテージモノとしては「ホンモノ」ではありませんよね?確かに「古い」という点では間違いないですが。

 きっと出品されているモノに「60年代ステッカードPAF」が多いのは、正直言ってパチもんが作りやすいからでしょうね(笑)。ホンモノのPAFはデカールの字体の違いが割と広く知られていますし、数も元々少ないので怪しまれやすいですが、ステッカードに関して言えば、ボビンは70年代あたりのTトップから持ってきてもいいし、どこかのメーカーのPAFコピーから持ってきてもいいし、割となんとでも作れますからね。

 ま、ホントかウソかは別にして、60年代頃のPAFが数万円なら騙されることを承知の上でコレクションとして買ってみたい気もしますが・・。ただ、本当に残念なのは買っても自分のギターに取り付けられないこと。音も鳴らさずに、ただコレクションとして持っておくというのは私の趣味ではないので・・。やっぱりせっかく手に入れたのなら鳴らしてみたいですからねぇ。

 で、「なーんだ、Tトップと一緒じゃん。」と思えばそれもそれだし、「お、ダンカンの59みたいな音がする!」って喜べばそれもそれだし(笑)。やっぱりそうやって実際に弾いてみたいですよねぇ?

 うーん、悩むなぁ、って悩むなよ(笑)。でもなんか一つくらいは60年代前半までくらいのPAF(本当の意味ではPAFではない奴もあるけど・・)ってコレクションに欲しいですねぇ。またこれからちょっと仕事もヒマになってくるので(笑)、またいろんなピックアップをテストしてみたいですねぇ・・。

 なんか今日スタジオでマーシャル通してギターを弾いていますと、エフェクター使ってもイイ音しますねぇ(笑)。ダンカンのリトル59もイイ音してますね。今日はフュージョンだったので、ほぼ全てフロントで鳴らしましたけど、とってもイイ感じでした。

 ウォーモスの新しいネックにも慣れましたね。もう最近の私はどんな音楽を弾くときもチューニングは半音下げ、と決めまして、ネックを替えてからは完全に半音下げチューニングに固定していますが、弾きやすいです。今日のスタジオ練習でも完璧に思い通りに弾けました。

 チョーキングをしようと何をしようと弦が指から外れることなく(笑)、こんなに自由に気分よくギターを弾けたのなんて何年ぶりでしょうか。やっぱりギターは自分に合ったネックを探さないといけませんねぇ。もちろんロックペグのヘッドのネジを締めてからチューニングが狂わなくなったので、これもギターを自由に弾ける大きな理由だと思いますが。

 おっと、でもピックアップのテストをするためには、まず22フレットあたりのピックガードを切らないと(笑)。ピックアップを交換するたびに、いちいちネックまで外していたのではめんどくさくて仕方ないですからね。エフェクターを使う機会が増えてきたので、なんかもっといろんなディマジオも試してみたいなぁ、なんて思っているんですよね。

関連記事
ピックアップ