久しぶりのピックアップネタです。

 私のストラトのフロントをダンカンのリトル59にしてずいぶん日にちが経ちます。個人的には結構気に入っているのですが、リアピックアップとの音量差が少しあり、しかも「ハムバッカーサウンド」というよりは「パワフルなシングルサウンド」という感じが強いので、もう少しハムバッカーらしく、そしてパワーもあるシングルサイズハムはないものかと探していました。

 ダンカンのJBのシングルサイズ版とかも候補にしていたのですが、まあダンカンのサウンドというのも色々テストした結果大体予想が付くんじゃないか、ということで、このギターを最初に買ったときに付いていたファットストラト、そしてTone Zone以来のディマジオピックアップ、DP180をチョイスすることにしました。

Dimarzio DP180

 購入先は、いつものebayなんですが、通常ディマジオのピックアップをアメリカのお店は日本向けには売ってくれません。しかしたまたま今日ebayを見ていますと、幸運にも中古と新品のDP180が日本向けにもオークションに出ていました。

 中古のほうが当然安いのですが、ワイヤーの長さを訊くと「17㎝くらい(=7インチ)」との答え。うーん、これではフロントにつけるにはちょっと難しいので、安全なほうを取って新品をオーダー。日本への送料込みで7,200円くらいですね。

 まあしかし、いつものことながら、ピックアップメーカーの広告上の宣伝文句はアテになりません(笑)。特にシングルサイズハムの場合はなおさらです。私のイメージですが、どうもシングルサイズハムに関しては、インピーダンス値とか、パワーの値、などのカタログデータは、純粋なハムバッカーと比べた場合、少しずつ割引いて考えた方が良さそうに思います。

 つまり、例えばシングルサイズハムの抵抗値が11Ωだとしても、通常のハムバッカーの8Ωのパワーには遙かに負けていると思うのです。ま、これは何度もこのブログに書いていますように、別に抵抗値だけがピックアップのパワーを決定づけるものでもないですし、磁力の違いやボビンの形状によってもパワーは異なってくると思います。

 ですので、今回はワザと少しカタログデータ上、パワーがリトル59よりも強めで、しかもトーンもトレブルが低いものを選んでみました。リトル59は良いピックアップだと思うのですが、少しストラトらしさが残ったピックアップです。なので、もう少しストラトらしさを消せるピックアップ、しかもブーミーでなさそうなものを選んだ次第です。

 いまの私はジャズ、フュージョンに音楽の方向がグッと傾いていますので、ピックアップも大切なのはリアよりもフロントです。本当はHSHレイアウトにすればよいのですが、それはまた最終的な選択ということで、いまはフロントポジションにおけるシングルサイズハムの可能性を探っているところです。

 ディマジオといえば、私のイメージでは割とストレートな音で、何と言うのでしょうか、ローからハイまで割とはっきりと音を出すというイメージを持っています。ヴィンテージサウンドというよりは、カラッとした音という感じでしょうか。

 だからか、割とフュージョンギタリストが使っていますよね?エフェクターのノリがいいからですかね?アル・ディ・メオラとか、確か野呂一生も自分のモデルにはディマジオを載せていたような気がしますが・・。またエディのミュージックマンの頃のEVHでも、フロントピックアップの音は個人的にはとっても好きなサウンドです。何かとってもバランスが良くって、クリアで。

 もしそういったサウンドがシングルサイズハムでも鳴るのなら面白いということで、初めてのディマジオのシングルサイズハム、しかもフロント、ちょっと楽しみにしています。

関連記事
ピックアップ