ギターが現在の姿になってから、ギターに慣れるためにもよく弾いているのですが、どーにも6弦のチューニングが狂います。

 最初のうちは、弦の伸びが足りないのかな、と思っていたのですが、何日経っても直らない。アーミングをして調弦し、その後チョーキングをすると、1/4音くらい下がります。これは結構な狂いで、ライブやレコーディングで使える代物ではありません。

 いえ、他の弦はそれほど問題ないのです。とくに3弦などはアーミングしてもチョーキングしてもほとんど音程差を感じないほど狂いません。なので、そのあたりはあまり問題ではないのですが、ネックを替えてからというもの、6弦の狂いは尋常じゃありません。

 ただ、ナットにグリスを塗った瞬間はかなり状態が良くなるので、原因はナットの滑りだと思っています。にしても、これほど6弦の調子が狂うのは最近ではなかなかなかったことなので、ちょっと理由をはかりかねていますが、たぶん6弦のナットの溝が弦とまだ馴染んでないんでしょうね。

 でも6弦って、ラウンドワウンドの場合には結構ナットも削れますんで、しばらく演奏していればナットの変な部分も弦に削られてイイ感じになってくるでしょう、きっと。

 そうは言っても、1/4音もチューニングが狂うようじゃ、ちょっと実用上問題はありますけどねぇ。あぁ・・、こんなんだったら、素直にフロイドローズにしたいですね(笑)。生音は嫌いですけど、絶対的にチューニングが狂わないのはやっぱり魅力的ですもんね。

 でもトレモロユニットをボディにベタ付けにしたときに弦高調整がやりにくいのがフロイドの最大の問題点なんだよなぁ。エディのようにフロイドローズをボディにベタ付けしてプレイするギタリストが世の中にはたくさんいるんだから、誰か良いロック式のベタ付け用トレモロユニットを作ってくれればいいのに(笑)。

 それがあるのなら、すぐにでもロックユニットに替えますよ(笑)。それともトレモロのキャビティ内に木のブロックでも入れてアームアップできないようにするか・・。それもなんか微調整がめんどくさそう。

 もうね、ギターに関して言えば、歳を取ったせいもあると思うんですけど、「職人芸」が求められるギターってしんどいんですよね(笑)。素直に弾きやすいのが一番イイです(笑)。

関連記事
エレキギター