新しいネックをギターに組み込んで、配線も再チェックしてギターが組み上がった話は昨日書いたところですが、新しい弦を張って一日経って弾いてみますと、凄い!全然ピッチが狂いません!

 今までであれば、どれほどアームを使っても狂わない、といっても、チョーキングするとピッチが下がり、アームをかけるとピッチが戻る(上がる)という現象は少なからずあったのです。特にチョーキングをよく行う3弦や6弦ではこの影響が強かったです。

 ところが、今日ギターを弾いてみますと、3弦についてはチョーキングしようが、アーミングしようが、ほとんどピッチの上下がありません。つまりフロイドローズを使って弾いているように安定しているのです。

 これはシンクロナイズドトレモロを付けているギターでは、私は初めて経験しました。これだけピッチが安定している理由は、ロックペグと、先日取り付けたゴトーのトレモロユニット、そしてもちろんグリスの効果だと思います。

 特にノーマルのシンクロだった頃にはどうやっても防げなかった、チョーキングとアーミングを行った前後のピッチの狂いに関しては、ゴトーのトレモロユニットの効果が大きいと思います。ローラーサドルの効果もさることながら、やはりこのトレモロ特有の弦の張り方が大きいと思います。

 トレモロユニット内での弦の微妙な移動がアーミングの際のピッチの狂いの原因であることはこのブログにも書きましたけれども、その影響を可能な限り少なくしたゴトーのトレモロユニットを使えば、トレモロユニットにおける弦のピッチ狂いの原因はほぼ解消できると考えて良さそうです。

 多分2点支持式のトレモロのほうが狂いは少なくなりそうですが、6点式のトレモロでも実用上全く問題ないレベルです。もし昔ながらの6点式のトレモロユニットでチューニングを狂わせないでアーミングを思いっきりしたいと思っているギタリストがいれば、このゴトーの6点式のトレモロとロックペグの組合せを強くお勧めしますね。

 でも、やっぱりグリスは絶対必需品です(笑)。グリスはナットとサドルの両方に塗ることがオススメですが、そうすれば本当にピッチが狂いません。普通のサドルだとグリスを塗りにくいですが、ゴトーのローラーサドルは弦が乗る部分に溝がありますので、そこにグリスを塗っておいて弦を張れば効果的に繰りを付けることができます。

 うん、これで私のギターに関しては悩みが全て解消されました。ネックの弾きにくさ、トレモロを使ったときのチューニングの狂い、それを調整するための職人的な技術の必要性、ピックアップのサウンド、弦のトーン、・・・。これらを満たすギターは今までなかったのですが、ようやく胸を張って宣言できる、私にとって最高のギター、最高の道具が完成しました。

 嬉しいですね(笑)。あと1つだけ願いがあるとすれば、最近の音楽的指向の変化に伴って、フロントにハムバッカーサウンドが欲しいので、サブのフロイドローズストラト(現在フレット抜き取られ中(笑))にメインギターについていたネックを取り付けて、そのフロントにノーマルなハムバッカーを取り付けてみたいですね。

 ついでにノーマルのナットにフロイドローズのトレモロを使ったときにどれくらいピッチが狂うのかテストしてみたいので、もう一本のギターで色々とテストしてみたいと思います。

 おお、やってみたいことが次々あるなぁ・・(笑)。



関連記事
エレキギター