ふとユーチューブを見ていますと、今年の2月から始まったヴァン・ヘイレンのライブの映像が早速アップされていました。

 この映像を見ていますと、久々に質の高い演奏をしていますね、特にエディのギターが本当に久しぶりにイイ感じです。デイヴが復活してからの前回のライブと比べても一段も二段も上のプレイです。こんなプレイを見せつけられると、「やっぱりエディは上手いなぁ」と素直に思いますし、また熱狂的なファンに戻りそうです(笑)。

 とにかくEruptionでのハミングバードピッキングの粒の細かさと安定感、そしてトーンの良さをみていても、近年にない調子の良さです。きっとアルコールもほどほどに押さえ、日ごろからギターをかなり練習したんでしょうね。

 バンドとしても最も調子がよかった頃のパフォーマンスです。単純にカッコイイですね。ヘッドセットをつけて自由に動いて歌うデイヴもメチャクチャカッコイイです。とにかくバンドメンバー全員が最高のパフォーマンスを見せつけていますね。素晴らしい。





 おお、それによく見ればワイヤレス使ってる(笑)。これは嬉しいなぁ。やっぱりエディはワイヤレスで自由に走って飛び回りながら弾いてくれなくっちゃね。最近のワイヤレスは本当にイイ音しますしね。動き回ってもこのプレイ、そしてこのノリの良さです。うーん、エディ、本当に最盛期のプレイに戻ってますね。

 いやいや、本当にアルコールなどで調子が悪く、練習していないときのエディって、リズムがメチャクチャでしたからね。もう曲になってないくらい。昔のツェッペリンのジミーくらいリズムがメチャクチャなときがあったんですよ。

 でも今回のライブはリズムが難しい曲でも完璧に弾きこなしてます。新しいアルバムのレコーディングを行うにあたって、ギタープレイのほうもかなりリハビリしたんでしょうね、凄いです、本当に。ほとんどミストーンもありません。

 やっぱりエディの本当の凄さが表れるのはライブですからね。難しいフレーズをこともなげに弾くところが本当に凄いんですよね。そしてかわいくお茶目にダンスをしながら弾くところが、私にはカッコ良くって大好きですね。

 お、それにライブで使っているギターを見ていると、ローズ(或いはエボニーあたりか)の指板が貼ってあるギターを使っていますね。珍しい。デビュー直後には時々こういったローズ指板のギターも使っていましたが、ここ30年以上は使っていなかったはずですよね、確か。

 なんかワイヤレス使ったり、髪を伸ばしたり、ローズネックを使ったり、そんなエディの姿勢を見ていると、嬉しくなりますねぇ。精神がまともに戻って、こう、なんか前向きにステージでギターを弾くようになったというか。彼のチャレンジ精神に再び火がついたのかも知れませんね。

 ああ、こんなカッコイイエディの現在の姿を見せつけられると、ギター弾きたくなるなぁ、しかもヴァン・ヘイレンの曲が(笑)。うーん、素晴らしいエディのプレイに完全に触発されてしまいましたよ。私もいいネック買ってバリバリギター弾けるように練習しよ。

関連記事
好きなミュージシャン