VAN HALEN "A Different Kind of Truth"

2012/02/17 Fri 02:40

 ヴァン・ヘイレンの新しいアルバム、発売されましたねぇ。

 各曲のさわりだけならここ(Official VH YouTube Channel)で聴くことができます。

 基本的にここ20年くらいのヴァン・ヘイレンとの楽曲とは違ってハードな曲が多いです。と、言うか、まだヴァン・ヘイレンがデビューする前の曲もいくつか含まれていて、もしかするとハードな曲のうちほとんどのネタはデビュー前の曲ではないかと思えるほど(笑)。

 ホントに「こんなハードな曲を演奏して、アレックスやエディは大丈夫なのか?」と心配したくなるほどです。なんせ、もう50歳を大きく超えていますからね(笑)。古い自分たちのデビュー前の音源を聴いていて、「お、久しぶりにこれやってみよか。新しい曲作るのもめんどくさいし。」ってなノリでやったんじゃないかと思いますね。

 まあ個人的には昔のVH、それもデビュー前の曲も結構好きですから嫌いじゃあありません。それにデイヴが歌うとこういう曲は本当に生きますからね。デイヴが歌うととてもエキサイティングです。高速道路をドライブしながら聴くとエエ感じですねぇ(笑)。

 まあ今の時代ですから、いずれネットで全曲聴けるでしょうからアルバムを買うかどうかは未定ですが、気が向いたら買いましょう。それはそれとしても、デビュー前の曲でマイケルが弾いていたベースフレーズをそのままウルフガングが弾いているというのも「どーなんだろな」という気はしますけどね(笑)。

 曲調的には、昔のヴァン・ヘイレンが好きな人にはいい感じじゃないでしょうか。だって昔の曲を昔のボーカルで演奏しているんだから当然と言えば当然か(笑)。

関連記事
ヴァン・ヘイレン