オープンハンドでの練習をやってます、とずっと前のブログに書きましたが、今でも一生懸命やっていますよ。だってこれは腰の悪い私がこれから先もドラムを続けていくためには絶対にマスターせざるを得ないことだからです。クローズドではどうしても体が左に曲がり気味になりますし、そもそも手を交差してタイコを叩いていること自体が本来は無理がある話なんですよね。

 多分クローズドになった理由ってこういう感じだと思うんです。まず右手が器用に動くもんだからリズムを細かく刻むプレイは右手にさせよう、と。それからシンバルを二枚重ねるといろいろと面白いことが出来るからそれを足でコントロールさせて、そいつでリズムを刻もう、と。でもバスドラは強い右足で踏んだ方がいいから、ハイハットは左足で踏もうか、と。じゃあしょうがないんでリズムを刻む右手を反対側の左側にもって来ようか、って理由だと思うんですよね。

 じゃあ最初の「右手でリズムを刻まなくっちゃ」っていう部分を左手で出来るようにすれば手を交差させなくてもいいわけですよね。別にハイハットを力強く刻む必要はないですから、左手がある程度器用に動くようになればいいわけですよね。それは普段の基礎練習でもやるわけですから別に難しい話じゃないですよね。でもネットではオープンの悪い点を挙げる人も見かけます。「そんなに合理的な奏法なら、もっと多くの人が取り入れているはずだ。取り入れていないということはクローズドの方がよいからに違いない。」と断言する人もいますが、それは明らかに違いますよね。みんながオープンをしないのは単純に「慣れてないから」。あるいは「誰もオープンを教えてくれなかったから」。

 レギュラーグリップに慣れている人が「レギュラーに慣れているから」という理由でレギュラーグリップを続けているのと一緒です。普通に考えれば、マーチングをして歩きながら叩くわけでなければレギュラーグリップなどという摩訶不思議なスティックの握り方などする必要はどこにもないのです。だって自然に棒を握ってタイコを叩いて鳴らそうとする場合、手のひらを上に向けて親指で挟み、中指と薬指の間に棒を通して手のひらを回しながら叩こうなんて誰が考えますか?なんで左手だけこんなに力を入れにくい方法で棒を握ってタイコを叩く必要があるんですか?普通棒を「グッ」と手のひら全体で握って叩くでしょ。だってそれが一番楽ですもの。

 ただ昔の人が歩きながら太鼓を叩くときにはマッチドグリップだとどうしても叩きにくいから、仕方なく左手をこういう「イレギュラーな」握り方に変えて練習してマスターしただけの話なんですよ。だからドラムセットを叩く場合には本来全く関係ない話なんですよ。それでもいまだにレギュラーグリップをなんとなく良いと信じている人が多いのは、単純にマッチドグリップでドラムを思うように教えることが出来なかった先生達、師匠達が悪いんでしょうね。世の中にオープンを教えてくれる師匠がいないのと同じですよ。だって右手はマッチドで普通にプレイできるのに、左手だけをレギュラーにする理由が有るわけないですもの。左手もマッチドにすれば特別な練習が一つ不要になるじゃないですか。そっちの方が単純に楽だと思いません?

 でもレギュラーが悪いとは思いませんよ、それは慣れの問題ですからね。昔からそればかりしていればレギュラーの方が楽になっちゃうかも知れませんからね。でクローズドも同じだと思うんですよ。あんな不自然な手の形でも、そういう風にドラムがセットしてあって、そういう風に叩くもんだと誰もが教えられてきたので何も疑問に思わずにクローズドにしているだけだと思うんです。確かに左手でリズムを刻むのが難しい、と思う向きがあるかも知れませんが、でも初めてスティックを握る人がレギュラーグリップをマスターするよりもオープンをマスターする方が多分ずっと簡単だと思いますよ。だって手は極力交差させないで叩くのが一番合理的に叩けますからね。

 またオープンを批判する人の中には「フレーズを左手から始めることに無理がある」という人がいますが、別にオープンだからといって全てのフレーズを左から始めなきゃいけないわけでもないですよ。それはオープンを完全に勘違いしていることで、別に右からフレーズを叩き始めるのが楽であれば右から叩き始めればいいんじゃないですか?だってタム回しは右から叩く方がどう考えても楽でしょうし、両手でハイハットを刻む必要があれば右から始めた方が手がオープンになって楽でしょう?単に左側にあるハイハットを叩くときに手を交差させないでおこう、って言う程度の話なわけですからね。オープンはそもそも「楽に、合理的にドラムを叩く」ための方法ですから、別に堅苦しくルールを決める必要はありません。元々クローズドに慣れている人なら右からフレーズを叩くのは楽ですから左始まりと右始まりのフレーズをテキトーに織り交ぜながら叩くのは楽でしょう?自由に楽に叩けばいいんですよ。

 だから結論を言えば「慣れ」の問題だと思いますよ。要は左手でハイハットを、右手でスネアを叩けるようになればいいだけの話ですからね。ゆっくりやれば誰にでもできるんじゃないでしょうかね。オープンは堅苦しいドラムプレイの既成概念を解き放してくれる、とても自由なプレイスタイルだと思いますね。もちろん練習は沢山しないとマスターできませんけど、マスターできればプレイの自由度は飛躍的になると思いますけどネェ。それと日常生活の腰痛防止と良い姿勢維持のためにも(笑)。

 頑張ってライブで披露できるレベルまで高めます!
関連記事
ドラムテクニック