今ギターのフロントに付いているのはダンカンのリトル59なんですが、なかなかお気に入りです。最近私のギターはピックアップセレクターが常にフロントにあり、トーンも4くらいに絞られています(笑)。

 これでコンプレッサーのかかったクリーントーンを弾きますと、とっても気持ちいい・・。ストラトですが、ストラトじゃないようなジャズサウンドがするのですごくいい感じです。完全に気持ちは「ジャズギターをもっと練習しよう」という感じです(笑)。

 このピックアップをギターにつけてからしばらく経つわけですが、結構自分自身では気に入っています。トーンはとってもいい感じだし、いろんなフレーズを録音して客観的に聴き直してみても「こんなサウンド、あるある。」という感じで好きな音がしています。

リトル59サンプル2

リトル59サンプル3

 ちょっと理由はわからないのですが、このピックアップに換えてギターを弾くと、なぜかレコードなどでよく耳にする「フルアコのフロントトーン」がするんですね(笑)。いえ、もちろんよく聴けばやはり少し違いますが、3、4弦あたりを弾いたときの残響感と言いますか、トーンと言いますか、それがすごくフルアコっぽいのです。

 そのあたりのメカニズムはよくわかりませんけど、ハムバッキングピックアップの持つトーンがそういうサウンドを作っているのかもしれませんね。

 ただ、これもやはり100点満点のピックアップではなく、弾いていますとほかの希望も出てきます。今感じているのは、もう少しコンプレッション感が欲しいところ。リアのダンカン59に切り替えたトーンと比べると、少しコンプレッション感(ピッキングをしたときのまろやかなアタック音)が少しありません。

 これはシングルサイズのハムバッカーだからどうしようもない点かもしれませんし、弦のゲージが細いからかもしれません。でももう少しパワーがあったら少し違うトーンになるのではないかと感じたりもしています。なのでいつかまたほかのシングルサイズハムも試してみたいと思っています。

 候補としては、今回のリトル59がカタログ数値で見る以上にパワーが少なかったので、ダンカンのJBやディマジオのPro Truck、Tone Zoneなんかも試してみたいですね。

 うん、でも結構ジャズでも使えます、ストラト+シングルサイズハム。

関連記事
ピックアップ