時々「こういうプレーをしたい!この人のまねをしたい!」と思うようなミュージシャンに出会いますが、今回はジャズギターの師匠として私が勝手に師事しているジョージ・ベンソンについて(笑)。

 ジャズギタリストは世の中にたくさんいます。そしてジョージ・ベンソンについては、あまり「ジャズ・ギタリスト」として認識されていない向きも多いらしいのですが(ブルースギタリストとして評価する向きが多いとか・・)、彼のプレイはどこからどう聞いても完璧なジャズ、それも相当高いレベルのジャズプレイであることは多くの方も認めるところだと思います。

 ユーチューブで見ているときにみつけた彼の動画を少し。















 このポロポロっと弾く感じがたまりませんね。ロックギタリストの方々はジャズギタリストやジャズという音楽そのものを馬鹿にしていたり毛嫌いしていることがあるかもしれませんが、ジャズギターというのは本当にすごいものです。

 このビデオはすべてジョージ・ベンソンの教則ビデオみたいなものみたいですけど、彼のテクニックがよくわかっていいです。特に最後のビデオで彼がパラパラとスケール弾きみたいなものをやってくれるのですが、「こんな難しいフレーズをこんなに簡単にやってみせられるようになるにはどれほど練習すればいいのだろう?」と思ってしまうところです。

 ほかにもジャズギタリストはたくさんいますし、もっと人気があるギタリストもいます(もちろんジョージ・ベンソンだって一時代を席巻した超有名ギタリスト)。でもジャズチャンネルの音楽を垂れ流しで聴いていても、「ああ、このギタープレイいいなぁ。」と思ってクレジットを見るといつもジョージ・ベンソン(笑)。

 だからたぶん私にとって彼のフレーズとか、音の出し方とか、トーンとかがすごく感覚に合うんでしょうね。なので勝手に師匠(笑)。彼のようにプレイできれば最高ですが、彼はどう見ても天才。なので少しでも彼っぽいフレーズが弾けるように頑張ってみたいですね。

関連記事
好きなミュージシャン