さて、先日早速ですが手元に届いたセイモア・ダンカン リトル59、SL59-1Nをいつものギターのフロントに取り付け作業を行いました。

 取り付ける前にはシングルサイズのピックアップにポールピースが12本並んでいるのはルックス的にどうかと思っていましたが、実際に取り付けてみると意外や意外、結構かっこいい(笑)。なんかちっちゃいハムバッカーが付いている感じで、これはこれで近未来的な雰囲気がしていいんじゃないでしょうか。

 まあいつものように、百聞は一見に如かずですから、早速音を聞いていただくことにしましょう。いつものようにユーチューブで動画をアップするのがめんどくさかったので(というか、パソコンが新しくなってまだ動画編集ソフトが入っていない)、今回は音だけで勘弁してください。

ダンカン リトル59 サンプルサウンド

 えー、いつもと違って今回のリトル59はジャズサウンド用に買ったピックアップなので、PODのアンプモデルもジャズコーラスで、コンプレッサーとコーラス、そしてリバーブも少しかけています。全部POD搭載のエフェクターです。

 こうやって聞いていただくと、どうでしょう。結構それっぽいサウンドではないでしょうか?動画でないのでむしろストラトの映像が目に入らないので、余計に先入観なく音だけ聞いていただけるのではないでしょうか。

 私自身としては結構気に入っていますねぇ。もちろんジャズ風のプレイなので、ギターのトーンを4くらいに絞っています。それとこれもポイントですが、ピックもダンロップのジャズ用、JAZZ2(またはJAZZ3)を使っています。この柔らかいナイロンの分厚いピックが「ジャズ!」って感じのトーンを出してくれます。そして当然ピッキングの位置もフロントピックアップあたりにします。

 音だけ聞いていれば「何のギターの音だろう?」って感じがしません?低音弦のサウンドなんかを聴いていると、セミアコかフルアコのようにも聞こえます。3-4弦あたりのサウンドがふくよかで、ジャズのトーンとしても全然問題ない気がします。

 まあリトル59がフルサイズのダンカン59と同じサウンドがしているか?という点については何ともいえません。私はフルサイズの59をフロントに取り付けたこともないし、ハムバッカー自体をフロントにつけたことがないのでこればかりはコメントできません。

 でもハムバッカーサウンドとしては悪くないと思います。というか、全く合格といいますか。ひずませたサウンドでもテストしてみましたが、結構レスポールのフロント、という感じでなかなかヘビーで太い音がしていました。こちらも機会があれば後日アップしたいと思います。

 ふうん、結構いいんじゃないでしょうか?もちろんこのピックアップをどう使うか、何をこのピックアップに求めるか、によって感想は変わってくると思いますが、ストラトに無改造で取り付けられる交換用ピックアップのハムバッキングサウンドとしては十分満足がいくものだと思います。特にジャズに使うのなら、十分アリかな、と思いますね。

関連記事
ピックアップ比較