ふう、最近ユーチューブにアップしているピックアップのサウンド比較にコメントをいただくことが多く、ネットの英語辞典を利用しながら私の拙い英語を使ってお返事を書いたところです。英語なんて日々使いませんので、コメントをいただくのは有り難いのですが、結構プレッシャー(笑)。まあこれも楽しんでやっていきます。

 さて、最近はフェンダー・ヴィンテージ・ノイズレスをフロントとミドルに取り付けて弾いているわけですが、うん、分かりました、私なりの総括ができました。結論としては、悪くないピックアップで、ノイズも少なく、トーンも全然問題ないのですが、こいつはパワーなさすぎ(笑)。

 リアのダンカン59だってそれほどパワフルなわけじゃないのに、パワー差が凄いです。できる限り弦に近づけるようにしているんですけど、あんまり近づけすぎるとピックが当たってイヤなんですよね、弾きにくいんで。おかげでフロントピックアップの「Noiseless」という金文字が、ピックが当たるせいであっさりと消えてしまいました(笑)。

 ストラト特有のシャキシャキ感はバッチリあります。ハーフトーンもとってもイイ感じです。きっとピックアップが全部ヴィンテージノイズレスなら全く問題ないでしょう。パワー不足は全体をブーストすりゃいいだけの話ですから。

 ただ私の場合はリアにハムがあって、それはどうしても外せないものですからねぇ。このパワー差には若干困ったモノがあります。最近はフュージョンを演奏するためにアンプ直結トーンづくり(PODも含め)から、エフェクターによる音作りを行っています。

 結構音は個人的に気に入っているのですが、何せエフェクターで作った音ですからわざわざビデオに録ってアップするほどの話でもないだろう、と思っていまして、おかげでヴィンテージノイズレスについても音をアップする気がほとんどありません(笑)。

 だって所詮エフェクターの音ですから、あんまりピックアップ単体のサウンドを比較するのには参考にならないでしょうからね。それにフュージョンをプレイするときはフロントもリアも結構ギター側でトーンを絞るので、それを録音したってピックアップやギターのサウンドの参考にはならないと思いますからね。

 いや、イイ音してますよ、個人的にはそう思っています。好きな音がギターから出ています、完全にフュージョン、一昔前の歌謡曲などでよく聞いたスタジオミュージシャンのような音ですが。結構こういう音も好きなんです、コンプとオーバードライブとコーラスっていう軽やかな組合せも。なんかイイ感じ。

 ただ、話を戻しますと、ヴィンテージノイズレスはパワーがないんですよね、本当に。なんかエフェクターノリもいまいちな感じですしねぇ。音に太さが足りないのかなぁ。で、今思っているのは今までの禁を破って、もっとメロウでジャジーなトーンがするシングルサイズのハムバッカーに取り替えようかというアイデア(笑)。

 ハードロックでギターを弾くのであれば昔ながらのシングルトーン(イングヴェイのイメージですね)が大好きなんですが、フュージョンやジャズではあの音ジャキジャキ感はちょっとトゲトゲしくて攻撃的すぎるんです。もうちょっと太くてマイルドな方がいいんですよね。

 そういうことで、今のアイデアはフロントだけをもう少しパワーがあって、ストラトのシングルらしさのないシングルサイズのピックアップに替えたいなぁ、ということですね。

 なんかここまで来たら、フュージョンとジャズサウンドもこのギターで極めたろやないか、という気がしてきていまして(笑)、ふつふつとフロントピックアップ交換への意欲が湧いているところです。なんか全然違う方向にギターとサウンドが向いていっていますねぇ・・・(笑)。

関連記事
ピックアップ