フェンダー・ヴィンテージ・ノイズレスを我がギターに取り付けてから弾いていましたが、またその話の続きを。

 リアとセンターのハーフトーンを鳴らしているとどうもパワーが少ない。で、ノーエフェクトのクリーントーンで弾いてみると、やっぱり、フェイズアウトしています。いつもピックアップを取り替えると不思議なんですが、なんでメーカーによってホットとアースがバラバラなんでしょうかね?

 ある程度規格ものだからホットとアースくらい全メーカーで統一されているのかと思っていましたが、ピックアップをとっかえひっかえすると必ずしもそうではないみたい。今回のヴィンテージノイズレスも配線図通りにホットとアースを取り付けましたが、やはり他メーカー(セイモアダンカン)のSH-1とはフェイズアウトします。もちろんSH-1のホットとアースはオリジナルの通りなのに・・。

 よく分かんないなぁ・・。まあ、それは別に配線を逆にすりゃいいだけだからまたピックガードを開けて直しました。ハムバッカーを交換することが将来も予想されるので、今回取り付けたヴィンテージノイズレスの方を逆に配線し直しました。ふう。

 それとそのクリアトーンで鳴らしているときに気がついたんですが、ヴィンテージノイズレスパワーないです(笑)。歪ませたトーンは全く問題なくストラトのトーンがするので満足ですが、ノーエフェクトのクリアトーンにするとリアのハムバッカーとの音量差が凄い。

 まあ完璧なクリアトーンでギターを弾くことなんてないから気にする必要は無いのですが、ここまでパワー差があるとは思わなかったなぁ。ピックアップってパワーだそうと思って弦に近づけると弾きにくくなりますしねぇ。まあパワーありまくりのブーブーサウンドのストラト用ピックアップよりはいいかな。ノイズがないからエフェクターノリもいいですしね。

 ・・ということでまだまだヴィンテージノイズレスについてはテスト段階。きっとレポートはまだ続きます。

関連記事
ピックアップ