ずっと前に買っていましたフェンダー・ヴィンテージ・ノイズレス、ようやく今日ギターに取り付けました。

 以前書きましたようにピックガードの穴が若干ヴィンテージノイズレスには小さかったので金ヤスリでガリガリと削りまして少しだけ穴を大きくして取り付けました。断線の事例がよくあると言われているこのピックアップですが、幸い私のはきちんと音が出ました。ホッ。確かにこのピックアップのコイルからのワイヤー、触るとすぐ切れそうで怖いんですよねぇ。

 詳しいレビューやサウンドなどは後日またアップするといたしまして、今日は軽くテストして録音したサウンドを自分で聞いてみました。

 意外と、といいますか、私には全然オッケーでしたねぇ(笑)。私はフロントとセンターをヴィンテージノイズレスに替えたわけですが、結構普通に昔ながらのストラトの音がしますよ。確かにノーマルのシングルより少しだけ音が太くてローが出る気もしますが、この程度は全然許容範囲です。少しセッティングを変えれば全然大丈夫。

 そしてこのピックアップの売りである「ノイズレス」は確かに良いです。むしろリアのダンカン59の方がパワーがある分ノイズが大きいくらい。素晴らしいです。

 それと全部のピックアップがハムバッキングになったおかげで、それぞれのマッチングがより良くなった気がします。リアとセンターのハーフトーンもノイズなくいい感じのサウンドですが、これはハムバッキング同士の組合せだからでしょうね。とても気持ちイイです。

 最近フュージョンをやっている関係からいろんなトーンをギターから出しますので、それぞれのピックアップのトーンを絞ったり、ボリュームを絞ったり、ピッキングの位置を変えたりして多彩な音作りをしています。その意味でもこのノイズレスピックアップは嬉しいですね。

 まだまだ十分にはテストしていませんが、今日の最初のインプレとしてはこんな感じにレポートしておきます。



 
関連記事
ピックアップ