もう随分と長い間フェンダー化計画は完了状態にあったわけですが、久しぶりに次なる計画の立案を(笑)。

 何をやるのか?と聞かれましても大したことをするワケじゃありません。今回の計画は、私が持っている昔のトーカイのストラト、3点止め仕様のものは、ネックを普通の木ねじ3本で留めているわけですが、これを70年代のストラトのように2本の木ねじと1本のボルトで留める仕様に変えよう、という計画です。

 いえね、実は前回のフェンダー化計画を遂行している際に購入したネックプレートにその木ねじ2本とボルト1本は付いていたんです。でもネック側でそのボルトを受ける部品をどうやって探せばいいか分からなかったんでこれらのネジ類を売ってしまったんですよね。

 ところがある日ネットで何気なくフェンダーの部品を見ていると、その3点止め仕様のネック側の部品(「ティルト・ディスク」と呼ばれています)が売られていたんですよね。「なんだ、だったら売らずにそのネジ類を持っときゃ良かった」と思ったのもあとの祭り。

 そうやって時は過ぎていきましたが、最近また「よりオリジナルに近いギターに変えてやれ!」(意訳:「より本物に近いパチもんを作っちゃえ!」)と思い立ちまして、イーベイでネック側のティルト・ディスクとネジ付きのネックプレートを購入。これでネックプレートは3回目の購入。バカみたい(笑)。

 この部品が到着すれば私のギターは完璧な70年代3点留め仕様になるという次第。もちろんネジのサイズなどが違うので、微妙に穴を拡げたり、逆にねじ穴を切り直したりする必要はあるでしょうが、それくらいはお安い工作。

 うーん楽しみだ、より本物に近いパチもんを作っていってやろう(オイオイ・・)。といっても実は昔のトーカイのストラトのボディは、ラージヘッドであれ50年代コピーのモデルであれ、オールドタイプのザグリの深いボディなんですよね(笑)。だからいくらネックをいじろうと、3点留め部分を改善しようと、ボディのデザインがオールドものなので絶対に70年代のストラトの再現にはなりません、残念ながら。

 それは承知の上で改造を行っていますが、まあ気分は「いろんな時代のパーツを寄せ集めたストラト作り」という感じ(笑)。これはこれで楽しんでいきましょう。もう30年も使っている国産ギターなんだから、本来であれば捨てられてもしかたがないかも知れないギター。

 それを「捨てるくらいなら思いっきり好きなように改造しちゃえ!」というのが最近のマイブームなのですが、結果的には私のギターへの愛情と情熱を高める結果に。ボロだけどとても大事で大好きな私のトーカイのギターをお釈迦にしてしまわない程度に、これからも色々やっていきたいと思ってます。

 とりあえず、フェンダー化計画の続きの始まりです。

関連記事
フェンダー化計画