ゴトーのローラーサドル

2011/10/27 Thu 11:33

 時々「ゴトー ローラーサドル」という検索ワードでこのブログに来られている方がおられるので、再びこのローラーサドルについて。

 もし興味を持っておられる方がいらっしゃったら、わたしは勧めますねぇ(笑)。チューニングの狂いがどうこう、っていうメリットももちろんあるとは思いますけど、それよりも間違いなく実感するのは「弦が切れないこと」。本当に全然切れなくなるんです。

 このローラーサドルを使う前は、オールドタイプのプレスサドルやブラスサドルを使っていたわけですが、よく弦が切れるわけですよ、特にアームを使うと。1弦とか4弦がプチプチ切れちゃって、ヒドいときは1週間程度で切れちゃいます。

 ところがこのローラーサドルにしてからはまだ一回も切れてません!これは本当に驚き。過去のブログを見てみますと、ローラーサドルに替えたのが今年の6月。今10月の終わりですがもう5ヶ月近くも経ち、ほぼ毎日アーミングをしながらギターを弾いていたのに一本も切れていません(驚)。

 こんなことはフロイドローズを含めてかつてなかったことですね。アーミングをしても全然弦が切れないなんて、どれほどライブの時に安心か。だから弦が異常に長持ちするんです(笑)。今の弦にしてもいつ張り替えたか覚えていません。

 以前はプチプチ切れていたんでまとめてアーニーボールのスーパースリンキーを3セット買っていたんですが、このローラーサドルに替えてから弦が急に切れなくなったものですからなかなかそれを使いません(笑)。以前であれば弦が切れるから弦のセットを交換していましたが、今は何ヶ月経っても弦が切れないんで「そろそろ音が悪くなってきたから替えるか」という程度。

 しかもこのおかげで別の発見が。弦をよく伸ばすとシンクロでアームを使ってもチューニングの狂いが減る、と言われていましたが、確かによく使い込んだ古い弦を使っていますとアームを使おうがチョーキングをしようが、ほとんどチューニングの狂いが気になりません。

 もちろんトーンの問題がありますんで一概にこれがいいとは言えませんが、やはり弦の伸び、古い・新しいの違いがトレモロ、特にシンクロを使っている場合のチューニングキープに影響しているように感じますね。

 もしローラーサドルに興味を持っておられる方がいらっしゃったら、私は大いに勧めますね!特にプレスサドルやダイキャストサドルを今使っているのであれば絶対オススメ。弦の寿命の話ばかりしていましたが、このゴトー-のローラーサドルにはもう一つの大きな良い点が。

 高さ調整のイモネジが普通のサドルではサドルの先端にあるんですが、このサドルはサドルの中程にあるんです。このおかげで、ブリッジに右手の横腹を乗せて弾くミュート奏法をするときに感じる、あのストラト独特のイヤなギザギザ感がなくなるんです!まるでフロイドローズのブリッジでプレイしているような気持ちよさとスムースさ。これも特筆すべき特徴ですね。

 まあとにかくこのサドルにしてからどれほどギターの弾きやすさ、安心感が変わったか。大袈裟なようですが、本当にそれくらいプレイアビリティに与える影響は大きいです。ただサウンドについて言えば、私はブラスサドルのほうがサスティーンも音の深み、太さも上なので好きでした。なのでブラスサドルから取り替えたときは若干の物足りなさがあるかも知れませんが、慣れます。

 普通のダイキャストサドルやプレスサドルを使っておられるのであれば、もう是非交換してみて下さい。値段だってたったの3千円ほど。もし気に入らなくたってそれほど後悔する値段じゃありません。よほどオリジナルにこだわっておられる方でなければこれほどオススメしたいパーツは今まで見たことないです。

 ぜひ!

関連記事
エレキギター