今日もネットでオールドPAFに関するものを探していると、オールドPAFを持っているという人のお話が。その方がおっしゃるには「オールドPAFは全然違う」「買える方はぜひ一度トライを」とのこと。

 で、なんでそんなにオールドPAFを追及するようになったのかという理由が「ジミーペイジフリーク」だからなのだそう。・・・ジミー・ペイジ?確かにツェッペリンの曲はカッコいいけど、ジミーのギターはねぇ・・。

 ジミーのギターがいかに下手かは以前もこのブログに書いたので今回は触れないでおきましょう。そんな下手くそなギタリストが弾いているサウンドを真似たいからといって大枚叩いてオールドPAFを買うなんて、私にはどうしてもその感覚が分かりません。

 そもそもジミーが鳴らしているギターサウンドそのものが本当にいい音なのかどうかも私には賛成しかねる部分がありますからね。ごめんなさい、私はツェッペリンは本当に大好きなんですけど、ジミーのギターサウンドやギタープレイは何十年聞いてもバツなんです。だから「ジミーペイジフリーク」を自認される方がオールドPAFやオールドギターのサウンドを語り出したところで「ごめんなさい」状態。だってそんなことを語れる耳も技術もセンスも持っているとは到底思えませんから・・。

 またその方は自分のブログでご自分が持っていると言うダブルホワイトのPAFを53万円で売りに出しているんです(笑)。何がしたいの、一体?って感じ。さんざんPAFの良さを書いていたのは、結局自分が持ってるPAF(本物かどうかも甚だ疑問)を高く売りたいだけじゃねえの?

 だって音楽をやっておられる方なら分かると思いますけど、本当にそんなにいい音がするピックアップなら普通手放さないでしょう?手放すってことはメチャクチャ金が無くて苦労しているか、或いはピックアップ自体が本当はたいしたことないか、ギターを全然弾かなくなっちゃったのか、のいずれか。

 普通そんなにいい音がするお宝だったら、ギタリストなら手元に置いておきたいものですよ。ツボでも時計でも何でも本当のお宝が世の中に出てこないのはそういう心理によるものですからね。そんなお宝を自分で値段つけて自分のブログで売るなんて、胡散臭すぎ(笑)。

 結局こういう人が世の中にいっぱいいるからオールドPAF神話がイマイチ胡散臭いものになるのです。単に金儲けのために神話を作っているだけですからね。金儲けとは別の部分でオールドPAFの魅力を正確に伝えてくれる情報が欲しいもんですねぇ。ああ、もちろん熱狂的ジミー・ペイジフリーク以外のギタリストにお願いしたいと思いますが・・(笑)。

関連記事
ピックアップ