今日頼んでいたフェンダー・ヴィンテージノイズレス・ピックアップが到着しました。外に出かけようとすると無造作にポストに入ってました(笑)。郵便屋さんも声くらいかけてくれよ(笑)。

 早速パッケージを開けてみますと中身はこんな感じ。

vintage noiseless

vintage noiseless

vintage noiseless

vintage noiseless

vintage noiseless

 ピックアップを見てみますと、ははぁ、なるほど、ただのスタック型(縦積層型)ハムバッカーだ(笑)。私はまたノイズキャンセル用のコイルだけが下についているタイプのピックアップ(ディマジオのHSと同じ?)かと思いましたが、フェンダーのはコイルの全部に磁石が通っていて音を拾う仕組みになっています。

 よーするに普通のハムバッカーはコイルを横に並べてハムキャンセルさせるわけですが、こいつは縦に重ねてハムキャンセルさせるわけです。普通のハムバッカーはコイルが横に並んでいるので、ひとつのピックアップとは言え音を拾うコイルは微妙に位置が違うので、2つの微妙に違う弦の音を混ぜ合わせるためにあのような丸いというか、複雑なトーンになるわけです。

 ところがスタック型のピックアップは2つのコイルが同じ場所で弦の音を拾いますので基本的に同じ音が2つ重なるだけなんですよね。だからきっとシングルピックアップとトーンをあまり変えないで拾うことができるのでしょう。

 思ったよりも早く到着したので、まだピックアップ比較のための基準サウンド(現在私のギターについているノーマルのシングルピックアップのサウンド)の用意ができていません。シングルなのでカッティングやクリアトーンなども入れた方がいいのではないかと思ったりもしていますが、とりあえず頑張って準備します。

 それができてからヴィンテージノイズレスを取り付けることにします。

関連記事
ピックアップ