早速ですが購入しました、フェンダーVintage Noiseless。フェンダーのピックアップは内外価格差がそんなになくて、日本で買おうかアメリカで買おうかずいぶん見比べていたんですが、またいつものようにアメリカから購入しました。

 値段にして送料込み1万円弱。日本でも探せばその値段で売っている業者もあったかも知れませんが、たぶんアメリカから買った方が多少は安いだろうと思い結局アメリカのお店にオーダー出しました。到着は早くて1週間先です。気長に待ちます(笑)。

 日本のネットの宣伝などでは「あのクラプトンが使用」と売り文句が出ていますが、それを書かれるからかえってイマイチ感が増すんですよね(笑)。クラプトンのあのギタートーンが好きな人には「クラプトンが使用」と書かれると良いイメージがわくんでしょうけど、申し訳ないんですが、どーしても今のクラプトンのサウンドやプレイの良さが私はイマイチ分かりません。

 つい先日も良いハムキャンセルタイプのシングルがないか探していた矢先、ちょうど乗り合わせた車でクラプトンのライブがかかっていたんです。「クラプトン=レースセンサー」というイメージがあったんで、レースセンサーも候補にしていたこともあってそのサウンドをじっくりと聴いていたんですが残念ながら私はパス。

 ありゃストラトのサウンドじゃないですね。別の楽器という感じがします。それに聞くところによればクラプトンはミッドブースト回路を組み込んでいるらしく、そもそもトーンを変えているらしいですね?だったらなおさらクラプトンのサウンドは参考にならないということが後で分かりました。

 結局私の背中を押したのは先日ブログに書いたアメリカのギタリストの動画と私の質問に対する答え。私は昔ながらの伝統的なシングルサウンドが好きなので、とりあえず楽しみです。それとこのピックアップを買うと新しいボリュームポッドなどもついて来るみたいで、永らく交換をしていない私のギターにはちょうどいいかも(笑)。

 色はとりあえず黒を買いました。将来ピックガードを白に変えるかも知れませんけど(それを見越してゼブラのピックアップを買っている(笑))、そのときはカバーを白に変えます。

 初めてちゃんと弾いてみるノイズレスタイプのストラトピックアップですが、到着したらいろいろと試してレポートしてみたいと思います。どーしても気に入らなかったらオークションででも売ります(笑)。

関連記事
ピックアップ