今回はちょっと形を変えましてピックアップのサウンドのアップを。

 いつもはピックアップ単体のサウンドをアップして比較を行っていましたが、今回は曲に合わせて演奏したサウンドをアップしてみました。まあリアピックアップをとりあえずダンカンのSH-1に決定したこともあって、曲全体の中でトーンを確認してみるのもよいかと思いまして作ってみました。

 いつものようにユーチューブに動画をアップしたのがこちら。



 今どきはネットで探せばなんでもあるもので、この曲のバッキングはどなたかがユーチューブで公開してくれていたものを拝借しました。音もいいし、家でコチョコチョ練習するのにはとてももってこいです。本当に最近は楽器を練習するのには良い時代になりましたね(笑)。

 まあ私のギターサウンドはこんな感じです。昨日到着した新しいゼブラの59を取り付けていますが、以前にテストした59と比べますと、弦との距離、そして新しいか古いかの問題もあるのでしょうが、新しく買った59のほうがパワフルで太いサウンドがしますね。

 うーんしかし、やっぱりもっとギター弾かなきゃいけませんね(笑)。この動画などを見ていると本当にフレーズの発想がまだまだ貧困だし、迷いながら弾いていることがよく分かります(笑)。ブルースを弾いているつもりでもやはりいつの間にかハードロックになってるし。

 まあブルースもロックも親戚みたいなものだからいいか(笑)。と、いうか私はきっとロックしか弾けないのかも。子供の頃からこれしか弾いていないからしょーがないですね、きっと。最近の若い方々が弾くようなスーパーテクニックもスーパーフレーズも私にゃ到底弾けませんが、それはご容赦いただいて、とりあえずジャズも弾けるように頑張ってもっと練習します。

 個人的にはやはりなかなか好きなトーンですね。59はボリュームを絞るとどこか古さを残したトーンなんですが、でもボリュームをいっぱいにすれば結構荒々しいサウンドが出ます。ピッキングのニュアンスを出しやすいのがこのピックアップの最大の魅力ですね。

 なんか今回こういうのもやってみて楽しかったので、他のバッキングパターンを探してまた遊んでみます。もちろんピックアップテストも続けます。

関連記事
ピックアップ比較