今日届いた新しいダンカン59ですが、今晩早速ギターに取り付けてみました。

 先ほどのブログにも書きましたように、ダンカン59はそのままでは私のギターには取り付けられません。なのでまずはベースプレートを短足タイプに取り替えます。ヴィンテージタイプのハムバッキングはベースプレートにアミアミシールドがハンダ付けされているのでこの作業がめんどくさいので若干嫌いです(笑)。

 ホントに今どきベースプレートの形状やシールド線までオールドPAFの完全コピーなんかしたって大して意味がないことくらいみんな分かってるんで、ベースプレートは短足タイプにして配線も4本線のケーブルにすればいいのにって思いますけど、なかなかそういうメーカーばかりではありません。

 トムホームズとかそんなPAFコピーメーカーのピックアップなども試したいなという気もしますが、このベースプレート交換作業をしなけりゃならないと思うだけで気が重いです(笑)。なのでどうせギター弾いてたって誰にも見えない部分だし、音にもカンケーないんだからホントにせめて短足タイプに規格を統一するか、選択できるようにすればいいのに。

 まあそれはそれとして、ベースプレートを交換して取り付けた姿がこんな感じ。

Duncan 59 Zebra

Duncan 59 Zebra

 思ったほどカッコ良くなかったけど(笑)、これは慣れの問題でしょう。目に馴染んでくればこの雰囲気が好きになりそうな気配。

 で、59のサウンドですが、うん、やっぱり好きですね、この音。前回テストしたときよりも少し弦に近づけてみました。59なら多少弦に近づけてもそのトーンの魅力を失いそうにないと思ったのと、もう少しローを中心としてパワーが欲しかったからです。

 そのようにしてセットしてみても全然問題なし。相変わらず素晴らしくセクシーな「コッ」「カッ」「キュッ」というピッキングのアタック音、そして切り裂くように攻撃的なトーン。本当に色気のある音だと思います。少し弦に近づけたおかげでちょっとJBっぽい雰囲気もありますが、やはりそこは59は59。やはりバランスよくいい音です。

 うん、JBやカスタムカスタムも確かに良いピックアップだけど、やっぱり一番私の好みに合うのはこの59かなぁ。とりあえずリアはこれをレギュラーにして、次はフロントとセンターピックアップのテストに入っていきましょう。私はオールドPAFを試したことがないのでダンカン59のサウンドががPAFに似ているのかどうかは分かりません。でも単純に59のサウンドがいい音なので私は凄く好きですね。

 そうやってこのギターはルックスもサウンドもどんどん再びライブで使えるように進化してきています(笑)。

関連記事
ピックアップ