エレキギターの鳴り、云々について私がいまいち懐疑的な目で見ているのはこのブログによく書いているとおりなのですが、先日ライブで一緒になったギタリスト2人とお酒を飲んでいるときに「やっぱりギターの鳴りがイイ奴はアンプから出る音もいいんだよなぁ」と口を揃えて言ったので、「ふうん、やっぱりそういうものなのかなぁ」と考えたわけです。

 2人とも下手なギタリストじゃないし、そこそこキャリアもあって楽器へのこだわりもある人たちなので、そういうものかな、と思いつつも、私の性分としてその原因を探っていきたいと思うわけです。

 何度も書いていますように、一般的なエレキギターに関して言うならば、金属製の弦の振動をピックアップが拾って音を出しているだけの簡単な仕組みです。残念ながらボディの鳴りそのものはピックアップが直接拾うことはできません。

 しかしもし仮にボディ鳴りがアンプからの音に影響をしているとするならば、その理由は1つだけ。ピックアップがボディの鳴りを拾うから音が変わるのではなく、弦のトーンががボディ鳴りの影響によって変わるからアンプからの音も変わる、ということ。

 しかしこの検証は難しいですね。だってボディに取り付けられている弦の音だけをチェックする方法って基本的にないですからね(笑)。耳で聞く場合には弦の音とボディ鳴りの音が必ず聞こえちゃいますもの。でも仮にボディの鳴りが弦の音に影響を与えるとするとすれば、いわゆる「共鳴」とか「共振」の世界の話になるのでしょうね。

 でもどうなんでしょう、弦の音にボディが共鳴、共振することはあっても、その逆ってあるんでしょうか。まあ確かにギターのある弦のあるフレットだけ音が詰まっちゃうデッドポイントなんかが有りますんで、振動を殺すようなことはあるかも知れませんね。でもそれだって結局は弦の振動をボディが打ち消しているだけ、つまりサステインに影響を与えているだけで、弦の音質そのものに影響を与えているかどうかはよくわかんないんですよね。

 前にも書いたように、ボディと弦の相性って結局サステインに関するものだけになるような気がするんですよねぇ。でもそれじゃボディ鳴りがいいギターの出音がいい、という話の検証にはなりません。

 ふうむ、これはどなたかに寸分の違いも無い同じスペック、規格でボディとネックだけを違う材質で作ってもらって、それ以外の部品は全くおなじものを組み合わせて作ったギターでアンプからの音をチェックしてもらうしかないですねぇ。正直それしか客観的な検証方法はないと思います。

 きっと多くの方は既に同じようなことをなさっておられると思うのですが、ただやっぱりピックアップのスペックや弦高、フレット、ブリッジなどの材質やセッティングが完璧に一緒、というケースでテストされていることはあまりないと思うんですね。これらが1つでも変われば絶対にアンプからの出音は変わっちゃいますからね。

 だからボディ鳴りが違うから音が変わるのか、それともセッティングが違うから音が違うのか、そこが曖昧になっちゃうと思うのです。だってピックアップの高さをほんの数ミリも変えればアンプからの音は劇的に変わりますからね。これは間違いない事実です。

 すみません、しかし私はビンボーなので同じスペックでボディやネックをテストのためだけに複数買う、ってことはできません(笑)。なのでこの点については今の私には証明できません、ごめんなさい。あくまで推論と言うことでご容赦ください。

 それと冒頭のボディ鳴り云々の話ですが、あともう一つ理由があると思うんですよね。それはやはりピックアップの相性。だって皆さんいろんなギターをアンプに挿して弾き比べながら「これは出音がいい、これは出音が悪い」とおっしゃっているわけですが、単純にピックアップから拾われた弦の音というのは、当然それぞれのピックアップによって音質が異なるわけです。

 だったらピックアップとアンプの相性が悪ければ出音も悪いし、相性がよければ出音もいい。或いはピックアップ自体の品質が悪ければ出音が悪いし、品質が良ければ出音がいい、という話になるんじゃないかな、と思うのです。

 だって違うギターをとっかえひっかえして弾いているわけですから、当然ピックアップの違いがアンプからの出音に影響していると思うんですよね。これはたとえて言えば、歌手が悪いマイクで歌えば歌の通りが悪くなり、よいマイクで歌えば音の通りがよく鳴るのと同じ話だと思うのです。なんと言っても弦の音を拾っているのはピックアップですからね。

 もちろん元々マイク乗りがいい声と悪い声というのもありますので、その場合はマイク云々以前の問題です。その問題はあります。きっと「ボディ鳴りがアンプの出音に影響する」とおっしゃっておられる方は、この「声の良し悪し」がPAからの出音に影響しているということ考えておられる方、一方私のように「ボディ鳴りはアンプの出音に影響しない」と考えている人は「マイクやPAの良し悪し」が出音に影響すると考えているとたとえると分かりやすいでしょうか。もちろんどちらも複合している可能性も十分ありますが。

 ただ私はよほどヒドい品質のギターで弾かない限り(つまりギターのどのフレットで弾いてもデッドポイントだらけのようなギターやボディがベニアでできていたり、スが入っているような木でできたギターなど)、ボディやネックの材質の違いによる音の違いより、ピックアップやアンプを替えた方が遙かに音の変化が大きいので「エレキギターではボディの鳴りは無視できるレベル」とよく書いているわけです。

 まあここのところのお考えは人それぞれだと思いますので、別に私と異なるお考えの方がおられても当然だと思います。ただ異なるご意見をお持ちの方のお話しを伺っていると単なる思い込みや合理的な根拠のない眉唾物の話、あるいは感覚論・感情論に終始されているケースなどが多いので「それじゃ答えにならない、ちゃんと理由を教えて」という話になっちゃうのです。

 「お前の耳が悪いから分からないだけ」「デカい音で弾けば分かる」「アホに何をいってもムダ」というご批判は全くおっしゃるとおりですし、私も昔はデカい音で鳴らして「おお、音が違う!」なんて言っていたクチなのですが、それで違いを気にしているのは実は弾いている本人だけで他の誰にも分からないケースが多いんですよね(笑)。

 でも音の話をするのなら本人にしか分からない部分を声高に主張されても聞いてる方は「うーん」と思っちゃうだけで、やっぱり「音」で違いを説明してもらわないと答えにならないんですよね。言葉でいくら説明したって、「アホ、カス」と言われても残念ながら答えになってないものは答えになってないんですよね。

 「全く同じピックアップがついた全く同じスペック、セッティングのストラトが2台あります。違うのはボディとネックの材質だけ。これを同じアンプの同じセッティングで鳴らして同じフレーズを弾いて全く同じマイクセッティングで録音した音が2つあります。ほらこんなに音が違うでしょ。だからボディ材で音が違うんですよ。」という説明をしてくださらないと残念ですがなかなか説明にならないと思うのです。

 またご自分の耳で聞いた音が違うと思っても、録音して客観的に聞いてその差がわからないレベルであれば、それは「ボディ材が違っても音は同じ」ってことになっちゃうんです。だってエレキギターなんてものは普通はレコードでもライヴでもアンプを通した音をマイクで拾って聴くものなので、そこに違いがなければ「違いは無い」って言わざるを得ないからです。その違いは残念ながら弾いているご本人の自己満足の世界、になるわけです。

 確かに楽器を弾くのなんか自己満足の権化みたいなもんですから、それをなくしちゃったら楽器弾く意味がない、って話にもなるんですが、もう私もオッサンになってきたので、この「自己満足の世界」についてはどーでもいいと思うようになってきちゃったんですね(笑)。なので自己満足の世界における音質の違いはいくら熱心に説明されても正直あまりよくわかりません。それより客観的な「音」の違いで説明してくださらないと何とも言いようがありません。

 私自身も、これだけ多くの方が「ボディ鳴りがアンプの出音に影響する」とおっしゃっているのですから、その真偽や原因を自分なりに理解できるように機会あるごとに考えてみたいと思っています。ですから、これからもことあるごとにこのテーマについて勉強していきたいと思います。

関連記事
エレキギター