今日は久しぶりのピックアップ比較テストです。前々からもう一度テストしたいと思っていたセイモアダンカン社製SH-4、JBモデルの再テストです。

 前回JBをテストした際には、こういったハイパワーピックアップのセッティングがいまいちよくわかってなくて不細工な音がしていました。その後カスタムカスタム、Tone Zoneとハイパワーピックアップをテストしていくにつれ、ハイパワーピックアップのセッティングなどがなんとなくわかるようになってきたので、「じゃあもう一度人気のJBをきちんと弾いてみよう」と思い立ったわけです。

 いつものように動画を作ってユーチューブにアップしました。今回はいろんなヴァンヘイレンのイントロを弾いているものだけ作りました。今回はエディ本人もライヴでJBを使っていたと思われる頃のサウンドと比較するために、”5150”も弾いてみました(モジュレーションはかけていませんが)。



 さてそうやって再取り付けをして弾いてみた結果ですが、前回JBを取り付けたときは耳と手がハイパワーピックアップに慣れていなかったのですが、そのときと比べると比べると凄くいい感じですね。前回コードを弾いたときに「グチャー」とミッドに集まる感じがいまいちイヤだったのですが、今回こうやってセッティングするととてもイイ感じ。

 JBの最大の魅力でもある「ねちっこさ、セクシーさ」が存分に発揮されていますね。思ったほどミッドも強すぎないし、ローも出過ぎず太すぎず適度にイイ感じ。ピックで弦を撫でるときの「キュル」「ギュル」「ギューン」といったアタック音も凄くいい感じ。

 59と比べるとブライトさはやはり59のほうがいいですが、ミッドとローの感じはJBのほうが魅力的に聞こえます。前回の印象からするとTone ZoneのほうがJBよりいい音のように感じていた部分もありましたが、こうやって見ると私はJBに軍配を上げますね。

 順位付けするとすると、私の好みでは59・JB>カスタムカスタム>>Tone Zoneという感じ。でもカスタムカスムももう少し弦から離すともっといい感じかも。ちなみにTバッカーはこのJBのテストのあともう一度ちゃんとテストすることにしています。

 JBの魅力はとにかく音に色気があることですね。まろやかで、スムースで、ふくよかで、落ち着いていて、そして情熱的。59がガラスを転がすようなブライトさがあってまるで若い女の子の可愛らしさがあるとしたら、JBは落ち着いたアダルト女性のセクシーボイスといった感じ。たとえがまたまたよくわかりませんが(笑)。

 うん、JBは単純にいい音だと思います。やっぱり前回テストしたときは弦に近づけすぎましたね。こういったピックアップは少し離してセットしないと魅力が出ませんね。たぶん他のピックアップも一緒でしょうけど。

 プロの方でも時々ピックアップを弦にギリギリまで近づける、って言う人がいますが、あれはたぶんピックアップの魅力を半減させてますね。ピックアップは近づけすぎない方が本来のサウンドが鳴るように思います。

 ということで今回はセイモアダンカンのSH-4、JBの再テストでしたが、素晴らしいピックアップだと認識を改めました。確かにロックではとても使いやすく、魅力に富んだピックアップだと思いました。

 余裕ができたらJBのリバースゼブラも買おうっと(笑)。

関連記事
ピックアップ比較