ピックアップ比較企画は今後も続けていくつもりなんですが、とりあえず私のストラト用のリアピックアップにはセイモアダンカン製のSH-1、’59モデルをチョイスすることにしました。

 早速いつものebayで今回は新品をオーダー。前から希望していたリバースゼブラ(ブリッジ側が黒くてポールピースがついてる方が白いヤツ)を購入、送料込みで日本円にして6,900円ほど。日本では新品を1万円を切って売る店はほとんどありませんから、輸入するとどれほど安いことか。

 リバースゼブラのピックアップ楽しみだなぁ(笑)。ところでなんで’59に決定したかと言えば、やっぱりあの「昔のロック!」って感じがどうしても好きだったんですよね。ピックで弦を撫でたときに出るあの絞り出すような「キャリーン」とも「ギュワーン」ともいう感じのアタック音。あれがものすごく私は好きでしてねぇ。

 そして低音弦でのパワーの無さも結構好きなんですよね。ユーチューブにアップしている動画をご覧になった方々から時々コメントをいただいたのですが、その中には「ブラウンサウンドには高域が明るすぎる」と言ったご意見もありましたが、それでも「これぞまさに’59のサウンド!」とか「いい音!AC/DCのサウンドにも使えますか?」みたいなコメントもありました。

 で、AC/DCのビデオを見てみると、まさに’59モデルなどに通じるヴィンテージピックアップ系の音。アンガス・ヤングのギターのサウンド、なかなかいい音ですねぇ。SGなんで弦のテンションがストラトとは違うから音も多少変わりますが、基本のトーンはブライトでバランスのいい歪みすぎない音ですよね。

 で、このアンガス・ヤングのギターサウンドを聴いて、心が決まりました。JBでも、カスタムカスタムでも、ToneZoneでもなく、やはり昔ながらのナチュラルなロックサウンドはヴィンテージ系の’59であると。

 もちろんJBなどのピックアップも凄く魅力的です。これは絶対に否定しません。でもとりあえずこのストラトにつけるピックアップはなんにでも使えそうで、トーンも好きな’59に決定です。気分が変わればJBやカスタムカスタム、はたまたT-Topに付け替えるかも知れませんが、基本は’59ですね。やはり私はこういうクセのないストレートなトーンが好きなんですねぇ。

 さあまたゼブラの’59が手元に届くまで、楽しみにしながらとりあえずJBの再リポートやT-Topのマグネット交換版のサウンドチェックをしてみようかな。

関連記事
ピックアップ