そろそろ最終的にベストなピックアップを選んで、そのリバースゼブラモデルをギターに取り付けようかな、と画策しているのですが、迷っています(笑)。

 そりゃ全部のモデルのゼブラを買って気分に合わせてとっかえひっかえすりゃいいと言えばいいんですけど、やっぱりねぇ、無駄金は使いたくないじゃないですかぁ・・(笑)。家にピックアップばかりゴロゴロ転がっててもしょーがないですし。

 今私のギターにはダンカンのJBがついているわけですが、これを再び取り付けてからというものJBの評価が私の中でグッと上がりましてねぇ。それまでは「よし、ダンカン59のゼブラを買って取り付けるぞ!」と腹は固まっていたのですが、JBをもう一度つけたとたんグラグラと迷っちゃったんですよね。

 59はクリアーで、絞り出すようなトーンがとてもクラシックロックという感じです。その代わりローがなくてサスティンもそれなりです。しかし透き通ったガラスのようにブライトで煌びやかなハイがとても魅力的。初期の頃のエディのサウンドを目指すにはこれがいいですねぇ。

 ただしこいつだけはピックアップのベースプレートを短足タイプに改造しなきゃいけないんですよね。それは他のビンテージタイプのピックアップでも言えることなんですが、なんと言っても不便。半田を使って配線をやり直さないといけませんからね。メンドーなんです。

 一方JBはとてもパワフルで、コードを弾くときなどにミッドに少しだけイヤなトーンがあること以外は何をやってもとてもセクシーでカッコいいサウンドがします。バランスもこれが個性だと思えば全然オッケー。ソロを弾くときのトーンはどのピックアップにも圧倒的に勝てるセクシーな魅力があります。

 カスタムカスタムはローからハイまでのバランスが素晴らしく、クセがなくクリアーで素直。本当に「エディの昔のサウンド!」って感じです。これは敢えてゼブラを買わないで今持っている昔の黒のカスタムカスタムをギターに取り付けようと決めています。これは完全に一抜け状態です。

 そしてToneZone。これも結構面白いピックアップなんですよね。雰囲気的にはカスタムカスタムに近い感じがしますが音は全然別物(笑)。で、カスタムカスタムのローを強くしてパワーアップして、更にストレートに音が鳴る感じ。このカタマリ感とソリッド感はさすがというところです。もう少しブライトさとセクシーさが加わればたぶんこいつがロック用では最強でしょう。

 他のピックアップは今のところ試す気は余りありません(笑)。というかかなりのハイピッチでピックアップのテストを重ねたので、少し疲れてしまいました(笑)。それにどれを使ってもそれぞれにいいところがあってそんなに悪いサウンドでないので、だんだんどれでもいいやという気にもなっていますし(笑)。

 なので今は新しいピックアップをテストしようという意欲を若干失っていますので、ディマジオのエボリューションなどはまた気が向いたら、というところですね。やはりテストをするためにはピックアップを買わなきゃいけませんので、先立つものもありますしね(笑)。

 まあピックアップもどれかひとつに決めるのではなく、ギターを持ち替えるようにそのときの気分で取り替えてみたいと思っているんですが、とりあえずどのゼブラを買うか、っていうので迷ってるんですよね(笑)。「どれかひとつ」っていうのが決まらないのが辛い・・。

 まあ気長に迷いながら考えます・・。



 
関連記事
ピックアップ