最近はドラムの練習ばかりしていてあまりギターは弾いていませんでした。久しぶりに今日はギターを引っ張り出して改造を。

 何を改造したのかと言えば、ボリュームとジャックをつないでいるシールド線が切れかかっていたので思い切ってこれを交換したのと、それとピックアップの交換。シールド線はよくあるステレオなどに使うピンジャックのついた使い古したケーブルを一本ちぎってそれを切って流用(ちょうど太さがバッチリなんです)、ピックアップはディマジオのToneZoneからダンカンのJBへ交換。

 で、JBに替えた感想ですが、なんかイイ音しますねぇ(笑)。前つけたときはJBのバッキングサウンドが大嫌いだった気がしたのに、なんだか最近よくわかんなくなってきたよ、と言うかなんでもいいというか(笑)。弾き慣れてくると何でもいい気がしてくるんですよね。

 また後日いろんなフレーズを弾いたJBの動画をアップしたいと思っていますが、ToneZoneと比べるとJBはピッキングのニュアンスがでますね。JBのほうが色気のある音がします。そしてソロのトーンも妙に色気があります。本当に5150の頃のライブのサウンドみたいです。

 ToneZoneは凄くストレートな音って感じなんですが、JBはもっと柔らかくてエロイ感じ(笑)。ピッキングハーモニックスなどをピキピキ鳴らしたくなるようなサウンド。コードを弾いたときの音も、ToneZoneでああいう太くてハードなサウンドに耳が慣れてしまったからか以前ほど変な音に聞こえなくなっちゃいました。慣れって怖いですね(笑)。

 と言うことで本当にピックアップなんてなんでもいいや、どれもいい音するよ、って気になってきているんですが(笑)、でも実は私のギターにはフロントとミドルにストラトのシングルピックアップがついているんで、リアのピックアップを選ぶ際にはこれらとのバランスが取れるピックアップじゃないといけないんですよね。

 でToneZoneやJBを使っていて思うのは、リアピックアップのサウンドに対して、フロントがシャキシャキ過ぎるように感じること。若干バランスの悪さを感じます。ハムバッキングのフロントサウンドも好きですが、今のギターにはストラトのシングルタイプのほうがルックス的にも好きなので、あまりフロントとリアの音量差やトーンキャラクターの組合せが悪いのは問題ありますね。

 そうやって選んでいくとやっぱりギブソンやダンカンの59のようなクラシックタイプになっちゃうなぁ・・。で、本題(笑)。世の中でピックアップについて云々する話はよく見かけるんですが、基本アンプ直結のロック系のサウンドですよね。じゃあフュージョンのギターの方々ってピックアップは何を使っているんでしょうか?

 ちょっとネットで調べてみましたが、ほとんど情報ないですね。きっとフュージョンの方はアンプ直結でディストーションサウンドを出すことなんてほぼ100%しないのでピックアップに対するこだわりってロック系のギタリストほどないんでしょうね。別に最初にギターについてるピックアップをそのまま使ってりゃそれでいい、くらいな感じでしょうか。

 だからきっとフュージョン系のギタリストが使うピックアップは普通のギブソンのハムバッカーやフェンダーのシングル、或いは昔からフュージョン系のギタリストの利用者が多いEMGとかになるんですかね?

 いずれにしてもロックギタリストほどピックアップに強いこだわりを持っているようには見えず、何でもよさそうな気がしますね。まあフュージョン系はエフェクターで全ての音を作っているので、ピックアップの生音にこだわっても仕方ない、と言う側面があるんでしょうね。

 そう考えるとピックアップにこだわるギタリストなんてアンプ直結型のロック系ギタリストだけかな?そう考えるとやっぱりピックアップなんてなおさら何でもいい気がしてきた(笑)。うん完全に今の自分は迷っているな(笑)。

 結果的には今までに取り付けたピックアップの中から適当に取り付けてそうな気がする。とりあえず単純にルックス面からゼブラが欲しいな(笑)。サウンドはどれも一長一短でどれでもそれぞれイイ音してると思いますね。

関連記事
ピックアップ