現在ピックアップ比較企画は少し間が空いています。やりたいことはいくつもあるのですが、何回もピックアップを取り替えるためにピックガードを取り外していますとジャックとポットをつないでいるケーブル線が断線しそうになってきました(笑)。

 念のためそのケーブルを買ってから次のテストに入ろうと思っているものですから一休みしている次第です。次に試してみたいピックアップはディマジオのエボリューションとか、ディマジオのToneZoneをテストしたので改めてダンカンのJBをしっかりとテストしたいのと、T-バッカーのマグネット交換版のサウンドチェック等々・・、やりたいことはまだまだあります。

 まあそのテストが止まっている間にユーチューブにアップした今までのサンプルサウンドを何度も聞き比べているのですが、割と最近気に入っているのが意外にもToneZone(笑)。特にUnchainedのイントロサウンドはしびれますねぇ。こういうヘヴィなサウンドも確かにアリですねぇ。

 なのでもう一度JBを試してみたいな、と思っているわけですが、しかしそうやっていろんなピックアップのサウンドを比べれば比べるほど、私個人としてはダンカン59のサウンドが一番好みですねぇ。うん、これは揺るがないですねぇ、今のところ。

 ローは確かにないのでToneZoneのような迫力はないんですが、しかしこのブライトさと、よくバイト感と表現されている感じでしょうか、ピックを弦に当てたとき(撫でたとき)の「グシャ」「ギュワン」「キャリン」という感じの絞り出すようなアタック音が凄く表情豊かで色気があって好きなんですよね。

 これは今までテストしたピックアップの中では59にしかないサウンドです。きっとセスラバーとかトムホームズとかそういうビンテージ系のピックアップを使えば同じような絞り出し感はあるのでしょうが、別にそこまでテストする気は今のところありません。たぶんテストしても私にはよく違いがわからない気もしますし、値段も高いだけだし・・(笑)。私が使う分にはダンカンの59で十分。

 ユーチューブの動画にコメントを下さった方の意見では59はエディのサウンドには明るすぎる、という指摘をいただいています。確かにエディのレコードのサウンド、特にサミーが参加したあとのサウンドと比べると全く違うキャラクターなのでその通りだと思います。

 ただ昔のデイヴ時代のライヴのサウンドは結構歪みも浅くサウンドがブライトなケースが多く、例えばこのビデオのライブのサウンドなどはとてもブライトでクリアーなサウンドです。まだ2枚目のアルバムを出した最初の頃のライブなのでフロイドローズを使っていない今ではとても珍しいライヴ映像とサウンドです。



 もう一つ、曲は暗くていまいちですがこちらのエディのギタープレイがカッコ良すぎる!



 こんなカッコよくギターを弾くエディの姿を中学3年の時にライブで見ちゃったわけですから、そりゃファンになっちゃいますよねぇ・・、→私。まあ本当に当時のヴァンヘイレンのフロントマンは3人ともステージで走る走る、跳ねる跳ねる、そして元気元気(笑)。それだけ暴れてあれだけのプレイをライブでやっちゃうんですからね、エディは。本当にビックリしましたよ、目の前で見て。リッチーやジミーとは一つも二つもレベルが上だと実感しましたね。

 私が一番好きなエディのサウンドは実はこの頃のサウンド。フロイドローズを使っていないのでキンキンしていないとてもナチュラルなストラト+ハムバッカーのサウンドです。私にとって理想のギターサウンドですね。

 フロイドローズを使うようになってからはよりブライト感が増してこんなサウンドになりましたね。



 こういうサウンドも結構好きなのですが、こういう昔のエディのサウンドを聴いているとダンカンの59のサウンドが凄くいい感じなんですよね。まあ昔ながらのナチュラルなロックサウンド、という感じのサウンドで、今のロックのサウンドと比べるといまいち感があるかも知れませんが・・。実際最近のエディのサウンドとも全然違うサウンドですが・・。このアルバムのライブではこのときだけ使っていたカラフルで珍しいデザインのギターをいくつか使っていましたね。



 一方でこの1984ツアーの頃のライブのサウンドはカスタムカスタムって感じのサウンドですね。ブライトなのにミッドもローもバランスよくしっかりと出ている。歪みが少し強くなってサスティンも十分でアタックの絞り出し感は減ってストレートなタッチのサウンドになっています。



 サミーがバンドに参加するようになってからライヴでのサウンドは大きく変わりました。1984ツアーの頃から使っていた5150モデルですが、ワイヤレスシステムのせいなのかコンプレッションが強くなり抜けるようなハイはなくなりました。ハーモナイザーがかかったサウンドなので元の音はあんまりよくわからないのですが、この頃のトーンはピックアップがJBが近い感じでしょうか。

 ミッドが厚くてハイとローは余りなくサウンド的には最近のトーンと似た部分もあるのですが、不思議と柔らかくてマイルドないいサウンド。アンプとか歪み具合とか、テクニック的なものもあるのでしょうか。

 

 そして大きくサウンドが変わったEVHのサウンドがこれですよね。ギターもアンプもオリジナルブランドに変わりました。でもこの頃のEVHのサウンドはまだ結構好きです。とてもソリッドな音になりましたが昔ながらのエディ特有のブライトかつファット、そしてトーンのバランスもよく、歪みすぎておらずとても分離のいい音です。この頃のサウンドも好きなので昔のミュージックマンEVH用のピックアップやToneZoneを試そうかな、って思ったんですよね。ハーモナイザーがかかっているのか、とてもキレイなサウンドですね。



 この頃のスタジオライブのサウンドをもう一つ。こういうプレイを聞いていると、プロってやっぱり上手いな、と思いますね。レコードと同じクオリティのプレイを簡単にライブでこなせるわけですからね。ギターのサウンドもエディサウンドの中でも最高のトーンの一つですね。バッキング、ソロともに実に素晴らしいトーンだと思います。まだこの頃はマーシャルサウンドに近いアンプのサウンドですよね。ちなみにこの頃はアレックスがツインペダルを使ってますね。
 


 で、これが最近のエディのサウンドに近いライヴサウンド。ワイヤレスを止め、ケーブルでアンプにつないでいるんですが、それまでの抜けるようなブライトなハイがなくなり、やたらとミッドだけが強くファットになりました。ローもなくなって本当にオーバードライブをかまして鳴らしているようなサウンド。使っているピックも金属製らしく、アタックの音が目障り。そして歪みすぎのため分離が悪く「グシャー」とした音。

 デイヴ再加入後のライヴのサウンドも基本的に同じですが、最近はピックがまた金属じゃなくなったような感じですね。でもやっぱりあんまり好きじゃないサウンドです。

 まあそうやってサウンドの変遷を見て行きますと、私の大好きなエディの昔のギターサウンドに最も近いのはダンカン59なんですよね。きっとエディ自身もまだ改造オールドPAFを使っていた頃のサウンドでしょうね。ダンカンの78を使えばもっと似た音なんでしょうけど・・(笑)。だってこのオールドPAFはダンカンが巻直したものだそうですからね。金銭的に余裕ができたら試してみます(笑)。

 なんかピックアップの話から単なるエディのサウンド変遷のような話になっちゃいましたが、まあこうやってエディのギターサウンドの移り変わりを見て行きましても、やっぱり個人的には最初の頃のサウンドが好きだなぁ・・。

 ということでダンカン59が今のところ一番好きなサウンドかなぁ。今ゼブラの59を物色中なんですが、59は足長ベースプレートなんですよね。アメリカのオークションではしばしば短足・4本線バージョンの59が売りに出ているんですがまだまだポピュラーじゃありません。早く短足・4本ケーブルの59が一般的な商品になることを願っています。

関連記事
ピックアップ