先日久しぶりにユーチューブで2年ほど前に行われたヴァン・ヘイレンのデイヴ再加入後のライヴビデオを見ていてふと気がついたことを。

 デイヴは髪が短くなりましたがそれなりにカッコいい。エディは上半身裸になると悲しいものを感じますが、服を着ているとこれもまだ何とかオーケー。できれば髪を伸ばした方がカッコいいとは思うけれども・・。

 だけどどうしても許容範囲を遙かに超えているのがウルフギャング(と読むのかどうか知らないけれど)。

 もうステージを写しているカメラがウルフィーを写した瞬間にガッカリ、コけちゃいますよ。ただのデブだし、顔も丸くてただのガキ、さらにはステージで着ている服がただのダサイ普段着。しかもステージでの動きもクサすぎ。「何じゃ、こいつは?」と思わず口を突いてでるかっこ悪さ。

 そりゃエディの息子だからステージに上がれてますけど、普通のバンドならとてもステージに立てるルックスじゃないですよね(笑)。不細工にもほどがあるやろ、という感じ。

 エディは親ばかでウルフィーをステージに立たせたくて立たせたくて仕方なかったのでマイクをクビにしたんでしょうけど、まあウルフィーのかっこ悪さは筆舌に尽くしがたいものがありますね。といってもいまさらマイクがバンドにすぐに戻ってくるとは到底思えませんし、しばらくはこの世界一ぶっ細工なベーシストにファンも我慢しなきゃいけないんでしょうね。

 何か今のヴァン・ヘイレンってデイヴだけでもっているような感じ。もしデイヴがまた辞めちゃったら本当に終わるんでしょうね・・・。まあ何もかもその原因はエゴがひどすぎるエディのせいなんでしょうけどね・・。

関連記事
ヴァン・ヘイレン