復活VAN HALEN、いいねぇ。

2007/10/24 Wed 21:24

 先日のブログでは、ヴァン・ヘイレンにデイヴが参加して復活したことをそれほど評価していなかった私ですが、最近のビデオを見ているといやいや、いいですよぉ~。

 まあやはりツアーの最初の頃はイマイチでしたね。メンバーのノリが悪いというか、しっくりきていないというか、そんな感じがありありでした。やっぱりね、デイヴが抜けてから二十数年も経ってるわけですからいきなりツアーしたってそりゃあみんな戸惑いますわね。

 でも最近のツアー、特にシカゴのライヴなどを見ていると本当に戒厳令から1984頃までの全盛期のライブを見ているよう。サウンドはもう完璧にまとまっており、ツアーの勝手やメンバーの息もぴったり。デイヴもそれまでのライヴではメロディを相当フェイクさせるかつての悪い癖が出まくりでしたが、シカゴのライヴではそれがほとんど無くファンにとって一緒に歌いやすいライブになっていました。

 本当に音だけ聞いていれば昔のヴァン・ヘイレンのライヴそのもの。復活した当初のライブを見ていたときはそれほどでもなかったですが、このシカゴのライヴを見ると私もなんか久々にエキサイトしてきました。昔のヴァン・ヘイレンがなぜ好きだったか、と言えば見ていてエキサイトするからなんですよね。このエキサイト感はこの数年、ああそう言えばデイヴの日本でのライヴをライヴハウスで見て以来、感じたことがなかったものですが、来ましたねぇ、久々に燃えますねぇ。

 ウン、本当にデイヴが入ったヴァン・ヘイレン、いいです。以前はデイヴのパワーにエディやアレックスがついて来れないんじゃないかと思っていましたが、最近ついてきてます(笑)。シカゴのライヴなど見てますと、やっぱりねぇ、ドラムはアレックスじゃないとヴァン・ヘイレンじゃないですね(笑)。ノリの悪いアレックスは最悪ですが、シカゴでのアレックスはいいノリしてます。あのノリに、エディのギターとデイヴの歌、これがヴァン・ヘイレンですよ。

 マイクがいないのは確かに寂しいです。ウルフィーはやはりまだバンドに馴染んでいないし、正直ステージでは浮いています。でもコーラスもいい感じに決めてますからまあまあとしましょう。これでマイクがいてくれたらなぁ、と思うのはやはり贅沢でしょうかねぇ(笑)。

 日本にツアーに来るのか、或いは来るときまでデイヴがバンドに残っているのかどうかはとても疑問のあるところですが、シカゴのビデオを見ている限り、大きなホールにもかかわらず客の入りもかなり良さそうですし、このままデイヴに残っていて欲しいという気になってきましたねぇ。日本でデイヴのいるヴァン・ヘイレンが受けるかどうかは本当に疑問があるところですが、もし日本に来てくれるのであればぜひ見に行きたいと思うようになりましたね。

 本当に最近のヴァン・ヘイレン、調子出てきてます。もしデイヴ時代のファンの方でしたら、YouTubeでシカゴのライヴをご覧になることを強くお勧めします。きっと燃えますよ。

Runnin' With The Devil
You Really Got Me
I'm The One
Unchained
Panama
Jump
関連記事
ヴァン・ヘイレン