Tone Zone到着!

2011/07/09 Sat 02:23

 ようやくTone Zoneが手元に到着しました。まあやっぱりアメリカから安い国際宅急便で送ると日数がかかりすぎますね。あまりに時間がかかったので、買ったこと自体を忘れていましたよ(笑)。

 で、届いたTone Zoneは当然ながらebayの写真で見たとおりのルックス。ディマジオのボビンってつや消しなんですね、ウワサには聞いていましたが・・。でもこの方がピッキングなどの傷は付きそうになさそうですね。

 ただ今回実際に現物が手元にやってきて驚いたのが、ピックアップをひっくり返して裏を見ていると「F」のマークが・・。もしやと思ってギターに合わせてみると、やっぱり、Fスペースじゃん(笑)。

 いい加減だなぁ、この出品者。ま、私自身はFスペースの方が嬉しかったのですが、ホントええ加減。さすがアメリカ人ですわね。なんと言ってもこの出品者、個人ではなく業者のクセにこの取引の間一言も連絡してきませんでしたからね(笑)。

 確かに出荷は早かったですが、完全ノーコミュニケーションには驚きました。こんな業者初めてです。こっちが日本人だから連絡するのがめんどくさくて連絡してこなかったのか、或いはいつもこんな調子なのかは知りませんが、珍しいのは確かです。

 まあいいや、所詮オークションでかかわりがあっただけの相手ですから。現物がきちんと届いて、それが問題なければ別にどーでもいいことです。

 さてと、そういうことでテストしなきゃいけないピックアップが2つ手元にたまってしまいましたね。マグネットを交換したTバッカーとTone Zoneと。あとはこれまたマグネットをアルニコ5に替えて自家製ダンカン・カスタム5をテストすることもできるんですが、本当に音が変わるのか半信半疑なのでそれはまた後日。

 でもダンカンのサイトなどによれば、カスタム5という製品ができた理由というのが、ユーザーが自分自身でカスタムやカスタム・カスタムのマグネットをアルニコ5に替える人が多かったからなのだそう。結局そういうユーザーのニーズに応えた商品がカスタム5なのだそうです。

 じゃあ、カスタムカスタムのマグネットをアルニコ5に替えればやっぱり音が変わるのかなぁ・・。まあそれは今度やってみよう。

 最近仕事がモーレツに忙しいのでギターを弾いたり、ましてやピックアップを交換テストするなんてヒマはないんですが、もうすぐラクになるのでそうなったらまたテストをやっていきます!

関連記事
ピックアップ