ebayでディマジオのTone Zoneを落札しました。値段は送料込みで5千円程度というところでしょうか。Fスペースでないところが残念ですが、まあ音を試すのには問題はないと思います。

 私にとって禁断のディマジオ製品ですね(笑)。なんで禁断かよくわかりませんが、この30年くらいずーっと「ディマジオ」と言うだけで避けてきましたからね。いつも弾いている白いストラトを買ったときに最初についていたディマジオ製ピックアップが嫌いだったから、というのもあるでしょうし、それに輪をかけてかつてエディがたびたびインタビューでディマジオ製品の音の悪さを触れ回ってたことも理由としては大きいでしょう。

 とはいえ、ピックアップの2大メーカーの一方であることは事実ですし、それこそ30年ほど前であればリプレイスメントピックアップと言えばディマジオがナンバーワン、ダンカンはディマジオほど知名度は高くなかったですからね。

 ただエディが言うように、例えばディマジオのスーパーディストーションがついているギターを昔弾いたことがありますが、確かにトーンは明るくて良く歪みますが、バリバリ言うだけで軽いサウンド、それよりもピッキングのアタックが潰れて何を弾いているのかわからない、というのがどーにも好みでなかった印象があります。

 さてその私にとって禁断のディマジオ製ピックアップをほぼ30年ぶりに私のギターに搭載するわけですが、さてどんな感じなるでしょう。興味ありますね。世の中ではとても人気が高いTone Zoneですが、とてもローが強く、いかにもディマジオらしいピックアップと言われています。

 ウワサではダンカンのJBに対抗して作られた製品、という話しも聞きますが、JBよりもローが強いという話も聞きます。JB同様にワウを途中で止めたようなサウンドという表現もよく聞きますが、一体どんなサウンドがするのでしょう?とても楽しみです。

 Tone Zoneをテストする前に他のダンカン製ピックアップのテストを行いたいと希望していますが、時間を作って頑張ってみます。

関連記事
ピックアップ