よくネットなどを見ていますと「ピックアップにはボディとの相性があるので、あるギターで良かったからといって他のギターに同じピックアップをつけてもよい音になるとは限らない」とおっしゃっている方がとても多いですよね。

 これについては私自身はとても疑問に思っているのですが、いかんせん私はストラトしか持っていないし、他のギターのピックアップを交換したこともないので何とも言えませんねぇ(笑)。ボディの鳴りなんてピックアップから拾う弦の音に特に影響がないので、ピックアップとボディの相性なんて理屈から考えればカンケーねぇという気はするのですが・・。

 ソリッドボディのギターであればボディとピックアップの「相性」なんてあるはずがないと思うんですよね、本来。だって金属の弦の鳴りをピックアップが拾うだけの話なんだから、そこに相性もクソもあるはずがないと思うんですね。

 相性ってなんでしょうね、ホントに。なぜあるギターで良い音がするのに、他のギターでは良い音が鳴らないのか?不思議です。もしそのようなことがあるとすればスケールの違いによる弦のテンションが影響しているのかなぁ・・・。

 にしてもわかんない。そんなこと理屈で考えればありえるはずがないですからね。ダンカンなどのホームページを見ても「このピックアップは明るい音がするボディのギターに合います」などと書いてあったりしますが、それも良く分かんない。弦の音しか拾ってないのに、なんでボディ鳴りが明るいか暗いかが影響するんだろう?

 実際プロの演奏を聴いていても、ボディ材の違いなんて全然わかりませんよ。昔のエディ・ヴァン・ヘイレンが2枚目のアルバムを発売した後のライブでマホガニーをボディに使ったストラト(黒地に黄色ストライプ)をライブのメインに使っていましたが、いまライブの音源を聞いても全然そんなこと気がつきませんねぇ。

 単なるフロイドローズがついたギターの音にしか聞こえませんね。エッジもバリバリ立ってるし、とてもマホガニーボディの生音からは想像できない音がアンプから出てますけどねぇ・・。

 なんかプロを始めいろんな人がボディとピックアップの「相性」を口にしますが、これって「ボディ鳴りをピックアップが拾う」というのと同じくらいのただの迷信じゃないでしょうかね。少なくとも同じストラトに取り付けるのであればどのストラトにつけたってほとんど同じ音がするはずだと思いますけどねぇ。

 ま、私はいろんなギターを試したわけじゃないんで100%断言はできませんけど、エレキギターの音が鳴る仕組みから考えればそういうことになるんじゃないでしょうかねぇ・・。ピックアップが拾う音に関していえば、ボディよりもブリッジの材質や形状の方がずっと影響は大きいと思いますねぇ。

 ものすごくギターにこだわりを持っておられる方のサイトをちょっと前に読んでいますと、その方が自分のレスポールのピックアップを替えたときの話を書いておられました。その方はそれまでずっと「ギターの生音がアンプからの出音を左右するので、ピックアップを替えても音はたいして変わらない」と思っていたのだそうですが、実際にピックアップを替えてみると「これほど音が変わるとは想像しなかった」と驚いていたことを書いていました。

 まあ、そんな感じに結構良くギターを弾いておられる方でもピックアップの重要性について勘違いしていたり、誤解していたりするもんなんです。「ギターの素性が良くなければピックアップを替えたってたいして効果はない」と吹聴する方もおられますが、それも違うと思いますね。40年から50年前くらいのベニアでできたエレキギターの話をしているのであればわかりますけど、ピックアップを替えても音が変わらないほど作りがメチャクチャなギターなんて今の日本ではお店で売ってませんって(笑)。

 今はネットで本当に中古のピックアップなんかでも安くで売っていますから、ぜひピックアップを替えてご自分のギターの可能性を広げてあげることを私は強くお勧めしたいですね。本当にピックアップを替えればどれくらい音が変わることか。それだけでそのギターの別の魅力を見つけることができます。

 もちろんいろんなギターを所有すればいろんな音やギターのクセを楽しむことができますが、数少ないギターを所有してその部品を替えて楽しむのもエレキギターの楽しみ方のひとつだと私は思っています。

関連記事
ピックアップ