いつもはピックアップの比較を行う際にはヴァン・ヘイレンの”ユー・リアリー・ガット・ミー”をサンプルで弾いているのですが、これだけではいまいちよくわかんないじゃないかという気がしてきました。

 そこで今回は趣向を変えてちょっと長めにいろんなフレーズを弾いて見ようと思い立ちまして、意味もなく適当にソロフレーズを弾いてみることにしました。

 それとフロントピックアップとの音質を比べるのも私自身面白いかなと思いまして、今回はまずフロントでソロを弾いた後にリアのカスタムカスタムで弾くというパターンでビデオを撮ってみました。ちなみにフロントピックアップは若干エディのミュージックマンEVHに敬意を表して、ちょっとだけトーンを絞ってマイルドなサウンドにしてみました。

 ギターはいつものトーカイSS80、エフェクターはMXRのフェイズ90とPOD XTです。いつもと何も変わらないセッティングです(笑)。ああ、ちなみにフロントピックアップはよくわかんないものですが、記憶では高校生の頃お店で買ったトーカイのジャンクピックアップ(たぶんSSシリーズ用のもの)だったはずです。でもこのフロントピックアップ、大好きです。



 こんな感じに少し長めに弾いてみましたが、この方がSH-11のトーンが少しはわかりやすいのではないかと思いましたがいかがでしょう?フェイズ90がかかっているのでいまいち参考にならないかな(笑)。でもフェイズ90との相性、ノリなどもわかりやすいのでいいかなと思います。

 ちなみに私が弾いている限りではフェイズ90の掛かりが少し浅いかなぁという気がしています。これもピックアップのトーンが多少影響しているかも知れません。

関連記事
ピックアップ比較